任意売却についてのコラム

任意売却のメリット・デメリット

競売に比べて任意売却にはメリットがたくさんあります。任意売却にもデメリットはありますが、場合によっては住み続けることも可能ですし、売却価格も基本的には競売時よりも高めです。

任意倍売却と競売の違いについて

任意売却か競売のどちらにするかを選ぶ際には、双方の違いをしっかりと把握しておきましょう。売却額も大きく変わってきますし、やるべき手続きや作業も大幅に違ってきます。

任意売却ができないケースは?

競売よりも良いとされている任意売却ですが、できないこともあります。債権者や連帯保証人や連帯債務者がOKを出しているのなら、基本的には任意売却できますがケースによります。

任意売却が成立するまでの流れ

不本意ながら任意売却をせざるを得ない場合もあります。自分で行うのはとても大変で長引くでしょう。業者に依頼すると1か月ほどで売れることも多数あります。業者の能力が大事になるでしょう。

固定資産税の滞納がある場合の任意売却

任意売却をする際に気になるのは、固定資産税を滞納していた時のことです。ただ単に固定資産税の支払いを滞納しているだけだと問題なく任意売却できます。ただ税金ですから支払いましょう。

任意売却後の残債について

住宅ローンの支払いが苦しくなって任意売却を行う場合もあるでしょう。その後基本的には残債が残るでしょう。これをどうやって支払っていくかの交渉がとても大事になってきます。

任意売却のタイミングは?

できればやりたくないのが任意売却ですが、ローンを返せないまま放置していると競売に掛けられます。そうなると余計損をすることになりますから、タイミングを見計らって任意売却しましょう。

共有名義の物件の任意売却について

競売にかけられるよりはマシだという思いから、任意売却をやむを得ずしなくてはいけないこともあるでしょう。ただ共有名義の物件となっている場合は少々厄介になってきます。

親子間の任意売却とは?

ローンが支払えず任意売却せざるを得ないというケースもあります。今まで住んでいた自宅を手放すのは困るからということで、親子間で任意売却を成立させるケースもあります。

任意売却と一般売却の違いとは?

任意売却と一般売却は名前は似ていますが中身は違います。売却の形は似ていますが、様々な面で主導権を債権者が握っているというのが特徴です。残債も当然支払う必要があります。

任意売却の価格の決め方

不況になると任意売却をする人も増えてきます。一般売却とは違い安く買われがちですが、その売却額は売り主が自分で決められます。債権者の承諾も必要ではありますが、これなら安心です。

任意売却後でも自宅に住み続けられる方法とは?

住宅ローンの支払いが厳しくなってしまい仕方なく任意売却をするというケースもあります。ですがマイホームに住み続きたい気持ちも分かります。リースバック等を活用しましょう。

任意売却ならではの注意点とは

任意売却は競売よりも多数のメリットがあります。しかし必ずしも売れるとも限りませんし、任意売却ならば万事が良しとは言いきれません。注意点を知っておくことが大事です。

連帯保証人がいる場合の任意売却

任意売却を行う際、連帯保証人がいる場合は揉めることも考えられます。残債が残ってしまうと迷惑をかけることにもなりますので、任意売却前に説明や話し合いはしておきましょう。

任意売却の決済に必要なものと気をつけること

任意売却の各種手続きを行いいよいよ決済日当日になったという場合、権利書や印鑑証明書、建築確認済書などが必要になるでしょう。その物件により必要なものが変わってきます。

任意売却と自己破産の関係について

任意整理を行うタイミングのことで悩む人もいます。自己破産の前にすべきか後にすべきかは、各人の状況に応じて変わってきます。債権者を説得させやすいのは任意売却を後にする場合でしょう。

任意売却にかかる期間は?家にいつまで住める?

ローンの支払いが厳しい人の中には、任意売却を考えている人もいるかもしれません。まずは業者に依頼をしてからどれくらいの期間住み続けられるかを予測しておきたいです。

任意売却すると、引っ越し代を出してもらえる?

任意売却をすると債権者によっては引っ越し代を提供してくれることもあります。しかしこれは法律で決まっているわけではなく、債権者の裁量次第ですので、期待しすぎるのはNGです。

任意売却にかかる費用はどのくらい?

任意売却をする時に専門業者に相談をしますが基本は無料です。そして着手金も普通は無料ですし、成約した場合に仲介手数料が必要です。その他には引越し代などがかかってきます。

マンション管理費の滞納金も任意売却代金から支払える?

所有しているマンションを任意売却しても、滞納していたマンション管理費が残ります、その支払いが困難なことも多いですが、債権者次第で任意売却で得た代金から支払える場合もあります。

任意売却でプライバシーを守る!競売による聞き込みを回避!

任意売却の制度によって助けられたという人もいます。任意売却ではなく競売だと、プライバシー上の心配もありますので、近所の人に競売物件になっていることが知られるかもしれません。

離婚の際には任意売却で住宅ローンを免れる!

任意売却は住宅ローンの支払いができなくなった際に行うものなのですが、離婚した際に行うケースもあります。それによって離婚後のローン支払いを免れることもできるでしょう。

任意売却してから自己破産するメリット

任意売却や自己破産を考えているということは、間違いなくお金で困っているはずです。任意売却を先にすることで管財事件になりにくくなりますので、メリットを享受できます。

任意売却では売り主の瑕疵担保責任を免除出来る?

任意売却によって窮地に追い込まれている自分を救うことも可能ですが、売却した物件に異常があった際など大変です。しかし任意売却の際に瑕疵担保責任を免除することもできます。

住宅支援機構による任意売却

住宅支援機構からローン借り入れをして住宅を購入し、その返済が難しくなると任意売却をするのもおすすめです。機構側は任意売却に難色を示さないでしょうし、自分を守る方法でもあります。

不動産の差し押さえと任意売却

任意売却は住宅ローンの支払いがままならない人が頼れる手段ですが、すでに税金の支払い滞納により差し押さえをされている場合は、まずは差し押さえ解除からしなくてはいけません。

代位弁済と任意売却

住宅ローンの返済は悩ましいものですが、滞納すると代位弁済されてしまう可能性があります。そうなると面倒なことになりかねませんから、任意売却をするように持っていくのも手でしょう。

優良な任意売却専門の不動産会社の見つけ方

任意売却をするならば優良の専門の不動産会社を見つけてください。依頼者の疑問に答えてくれるか、サポート体制は整っているかなどを調べ、安心できる業者を選ぶようにしたいです。

任意売却の無料相談で必要な書類

任意売却の無料相談を受け付けている所も多いですから相談に訪れる人もいるかもしれません。しっかりと書類を用意しておくことも大切で、そうでないと相談があまり進まなくなります。

任意売却でよくあるトラブル

任意売却によって救われることもありますが、依頼した業者が悪徳だったために、トラブル被害に遭うという例もあります。金銭被害や請け負っても仕事を進める知識がないなど様々です。

任意売却の家を購入するには?

任意売却とは、競売される前に売る方法です。競売されると、査定額のおよそ5割程度でしか売却することができないため、家主としては満足なお金を手にすることができないのです。

任意売却物件を買うのに住宅ローンの借り入れはできる?

任意売却の物件を購入する場合、新しい買主が途中でローンの支払いができなければ債権だけが残ってしまい、保証会社が金銭的な面での負担を負う可能性が高くなってしまいます。

任意売却の残債の処理

任意売却の残債処理については、債権者と交渉し残債を減額してもらい、月々少額でも返済するというケースが大半です。また、サービサーより債権を買取り、借金を0にするという方があります。

任意売却の前に考える買い戻し

任意売却をしても自分たちが住み続けられる方法といえば、親子間売買をして住み続けられる許可をもらうことでしょう。また親子間だと買い戻しも現実的な話になりやすいです。

任意売却とリースバックプラン

リースバックプランは任意売却を希望している債務者の人にとって理想的なサービスかもしれません。売却をしたにもかかわらず家賃を払うことによって、住み慣れた家で暮らせます。

任意売却してもローンが残った時の解決法

任意売却をしたということは、お金に余裕がないということです。そのため残債の返済も厳しいかもしれませんが、きちんと相談をすることで少額ずつの返済も可能になります。

任意売却と個人再生の違い

個人再生は債務整理の方法のひとつですが、これは自宅や車などを手放すことなくローン額の圧縮が可能な方法です。ある面では任意売却より優れていますが、誰もができるわけではないです。

オーバーローン状態での任意売却

任意売却をすることによってかなり精神的にも楽になるでしょう。オーバーローン状態であったとしても基本的には問題なく任意売却をすることができます。オーバーローンの人はかなり多いです。

税金滞納で任意売却ができなくなるケース

任意売却をしたくても、中にはできないケースもあります。税金滞納をしていると場合によっては任意売却を認めてもらえないこともありますから、注意しなくてはいけません。     

相続トラブルによる任意売却

相続トラブルはどの家庭でも起こる可能性があります。任意売却は競売よりも高い値段で売却できるなどメリットがありますがデメリットもあります。任意売却を行うべきか慎重に判断してください。

離婚前に任意売却をするメリット

離婚の際に住宅ローントラブルが起きることもあります。離婚前に家を売却しても完済できないときは、任意売却で解決しましょう。任意売却は住宅ローンが残っていても売却することができます。     

気をつけたい!任意売却詐欺

任意売却の詐欺はWebサイト上では、任意売却の専門家となりすましています。このようなWebサイトは他のリンクへ誘導することだけが目的なのです。しっかり業者を見分けましょう。

任意売却の消費税について

任意売却はとても優れた制度ですが、注意したいのは消費税についての問題です。全くの個人と事業者では課税対象かどうか違います。個人であっても投資用などであれば消費税の課税対象です。     

任意売却の際の固定資産税について

任意売却に税金の問題はつきものですが、固定資産税も厄介な存在です。公平さを保つためにも、日割り分を前の所有者に渡すことが一般的だと思われます。税金の扱いには注意してください。

投資用不動産の任意売却について

通常の一般住宅だけではなくて、投資用不動産に関しても任意売却をすることは可能です。ただし少々面倒な思いもするかもしれませんので、任意売却の専門業者に頼りたいです。     

任意売却取扱主任者の資格について

任意売却のプロフェッショナルといっても過言ではないのが、任意売却取扱主任者です。合格率は約40%程度で、マークシート選択、そして記述式の試験があります。講習も用意されています。     

競売不動産取扱主任者の資格について

競売不動産取扱主任者は民間の資格でそれほど難易度は高くありません。ですが競売物件の数も多い今だからこそ需要があります。試験は一年に一度あり、日本全国の多くの都市で開催されています。

中古マンションを任意売却する時の注意点

最近は以前に比べて中古マンションを任意売却するケースも目立ちます。基本的には一戸建て住宅の際とそれほど変わりません。頼りになる専門業者を見つけると、成功率が上がるでしょう。     

老後破産の有効な回避策となる任意売却

マイホーム購入後には毎月住宅ローンの返済がありますが、老後破産寸前となりローン返済が滞ってしまった場合、家をとられる可能性があります。回避するためには任意売却がおすすめです。

任意売却で比較されるリースバックとリバースモーゲージの違いとは

住宅ローンの返済が困難になってきた場合、任意売却を検討しリースバックなどの利用を考えるでしょう。リバースモーゲージの場合には、利用するのに年齢制限や年収制限があります。     

共有名義人の片方が自己破産した場合の任意売却

共有名義人の片方が自己破産してしまった場合、マイホームは競売にかけられる可能性が高くなります。住宅ローンを一括で返済出来れば取られませんが、無理なら任意売却を検討しましょう。

任意売却における連帯保証人と連帯債務者の違い

住宅ローンの返済が滞っていることにより、任意売却をしたい際は、連帯保証人が必要な場合や、連帯債務者が必要な場合があるでしょう。基本的には問題なく任意売却できるでしょう。     

任意売却で注意したい「任売ブローカー」について知っておこう

任意売却をする際に気を付けたいのは、任売ブローカーに利用されてはいけないというものです。任売ブローカーには、怪しい業者や、信頼できない業者もたくさんあるので注意しましょう。

離婚後の任意売却トラブルを解決するには専門家のサポートを

任意売却は面倒で大変ですが、離婚後であれば、より深刻かもしれません。専門家の力を借りることによって、名義の問題をクリアできる可能性も高まる為、サポートを受けるのが大切です。     

任意売却と期限の利益喪失について

住宅ローンの返済を3ヶ月滞納してしまうと期限の利益喪失し、銀行残額を一括返済しなればならなくなります。競売を避けるためには事前に不動産の専門家と相談し任意売却をとる方法もあります。

任意売却後の車の購入について

任意売却をすると信用情報にその事故情報が残るためローン審査に通ることが難しくなるため車の購入が難しい場合があるものの条件や方法次第ではローンを組むことが可能になるケースもあります。     

任意売却と譲渡所得税

ローン返済のための任意売却にも譲渡所得税の課税対象になりますが、控除額内で収まることも多く税金がかからないこともあります。しかし基準が厳しいため専門の税理士に相談すると安心です。

任意売却で修繕積立金はどうなる?

マンション購入後は修繕積立金を毎月支払う必要があります。任意売却を行う際は、修繕積立金は売買代金の中から支払うため、修繕積立金を滞納している人も任意売却ができます。     

共有名義人が不明でも任意売却はできる?

共有名義人が不明でも、不在者財産管理人という制度を利用すると任意売却ができます。しかし、許可がおりるまで時間がかかるため早く動かなければ間に合わない可能性もあります。

任意売却後の残債とは?

任意売却後の残債の支払いは債権回収業者に支払い義務が残り、不良債権としてサービサーと呼ばれる債権回収業者に売却されます。交渉により減額や低負担での分割返済に応じることがあります。     

任意売却の解釈と違法な任意売却

不動産業者が任意売却業務を行うのは非弁行為にあたり、違法になるのではないかと不安に思っている人も多いのではないでしょうか。宅地建物取引業の範囲内であれば、法律事務の取引が可能です。     

任意売却できる不動産仲介業者について

任意売却は、任意売却専門としている業者や任意売却が得意な不動産会社と専属媒介契約を結び、不動産仲介業者が間に入り手続きをします。媒介契約や不動産仲介業者について知っておきましょう。     

任意売却を依頼する際にアフターフォローの重要性

任意売却をサポートするのが、任意売却専門業者ですが、業者選びにはポイントがあります。成功実績や経験が豊富である以外にも、アフターフォローについても業者選びの大切なポイントです。     

任意売却における親子間売買

任意売却後も家に住み続けたいという人は親が子どもに家を売る親子間売買を検討してみてはいかがでしょうか。しかし、多くの金融機関は融資を行っていないため、専門家に相談しましょう。     

任意売却が不成立になることがある

任意売却が不成立になる可能性はゼロではありません。様々な条件により購入まで至らず不成立になる可能性があるのです。成功させたいという人は、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。     

任意売却と債務整理の違いとは

住んでいる家のローンを滞納している、支払えない場合は任意売却や債務整理などの方法で生活再建を行います。任意売却と債務整理の違いや、債務整理の種類について知っておきましょう。     

住宅金融支援機構が薦める任意売却とは

任意売却をする際は、民間の金融機関で行う場合と住宅金融支援機構で行う場合があります。それぞれ、手続きの流れが異なります。メリット、デメリットを理解した上で決めましょう。     

任意売却と任意売買との違い

任意売却と任意売買との違いは表現の仕方であるため、意味は同じです。競売との違いは価格などがあります。既に競売を開始している人も、途中から任意売却や任意売買に変更することができます。     

任意売却の悪徳業者に注意

悪徳業者に引っかからずスムーズに任意売却をするためには、悪徳業者の特徴を知り、業者選びを慎重に行うことです。都合の良い話しかしない業者は、業者の実績や資格を確認しましょう。     

任意売却を理解するための専門用語

住宅ローンなどを滞納し、不動産を任意売却や競売になった際には、様々な通知が届きます。手続きを円滑に進めるためにも、それらの専門用語について把握しておくことが大切です。     

任意売却における抵当権

住宅ローンなどでお金を借りて住宅を購入した場合、債権者は抵当権を設定し返済ができなくなったときのリスク回避をします。任意売却の際には、売却と同時に抵当権が抹消されます。     

督促状が来たら任意売却で対策を

住宅ローンの返済が滞り、督促状や催告書が届くようになった場合は、早めに任意売却などの対策を取ることが大事です。通知を無視していると、競売にかけられる事態になることもあります。     

任意売却の流れについて

売買価格が市場価格と変わらない、交渉をしてもらえるなどのメリットがある任意売却ですが、業者に相談することも大切です。任意売却における流れも把握することができスムーズです。     

任意売却と信用情報の関係性

ローンの滞納により、自宅を売却する任意売却は、信用情報と関係があり、影響を与えることになります。任意売却をする際には、信用情報との関係性を知っておくことも重要です。     

任意売却での広告活動と秘密厳守について

任意売却は、滞納したローンを返済するためにも有効な方法です。迅速に売却する必要があるため、広告活動を行いますが、一般売却物件と同様に個人情報などは秘密厳守することができます。     

任意売却が可能な理由

住宅ローンの返済ができず、返済方法として任意売却を考えている人もいるでしょう。なぜ住宅ローンを滞納すると、任意売却できるのでしょうか。債権者にも優遇競れることがあるのです。     

任意売却と競売の違い

任意売却と競売は住宅を売却することでは同じであっても、様々な違いがあるので知っておきましょう。違いを理解した上で、ローン返済に最適な方法を取ることが重要になります。     

任意売却後の残債に対する税金控除について

住宅ローンの滞納により、任意売却することになったときには、住宅ローン減税の適用はなくなります。任意売却の際には、売却後の残債に適用される税金控除について知っておきましょう。     

高齢者が任意売却するケースについて

近年、高齢者の住宅ローンによる破産が深刻化しています。定年後に退職金で完済しようと考える人が多いですが、完済ができない場合は、任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。     

病気が原因となり任意売却する場合

病気によって住宅ローンの支払いが困難になり、マイホームを手放さなければならない状況に陥る人も少なくありません。その場合は、任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。     

任意売却後の借金は請求されるのか

任意売却の業者の中には、任意売却後は借金がゼロになると謳っている業者がありますが、残った借金は請求されます。任意売却をしたら終わりではなく、借金を解決するための準備が必要です。     

任意売却をする上での連帯保証人について

住宅ローンを組む場合に、連帯保証人が必要になるケースが多いです。住宅ローンの支払いが難しく、完済できない場合には連帯保証人に同意を得ることで、任意売却をすることができます。     

任意売却における子どもへの影響

競売や任意売却は、自宅で生活ができなくなるため、子どもへの影響が全くないというわけではありません。しかし、競売よりも任意売却を選択することで、子どもへの影響を減らすことができます。     

任意売却の査定とは

任意売却は自分の意思では行えず、債権者の同意を得て、債権者が査定し金額を決めて売却します。しかし専門業者を使うと、リースバックという方法を使って、売却後も住むことが出来ます。     

任意売却の抹消同意とは?

任意売却では、債権者の同意を得て売却します。しかし契約後に債権者の意向で反対されると、売り主の債務不履行となり違約金が発生します。そこで白紙解約できる抹消同意を契約に盛り込みます。     

任意売却の媒介契約

任意売却を行なうときは不動産会社と媒介契約を行ないます。媒介契約は3つ種類があり、目的に応じて選び方が変わります。任意売却の時は、一般媒介契約以外で契約するのがおすすめです。     

任意売却後の別除権とは

任意売却を行なうときには、残債があると抵当権が残り、これは別除権とも言われます。担保権実行で回収できない残債に関しては、破産手続によって利益を受け取ることが出来ます。     

任意売却の明け渡しについての流れを知ろう

任意売却の明け渡しの時期は、債権者を交え買い主と売り主が決めます。手続きなども通常の物件のと同じですが、任意売却であると、債権者や買い主が引越代金を負担してくれることがあります。     

任意売却における債権管理回収会社の存在とは

不動産物件の任意売却時の債権は、債権管理回収会社に譲渡され、この債権は無担保債権となります。その債権は、債務者が完済することとなり、どのように返済するか決めていきます。     

任意売却による債権者との交渉について

住宅ローンで滞納した分の債務に関しては、金融機関と不動産会社が交渉を行ないます。任意売却後に残った債務に関しては、債権回収会社と、不動産会社や債務者が状況に応じて交渉します。     

任意売却のトラブルと対処法について

不動産物件の任意売却時の債権は、債権管理回収会社に譲渡され、この債権は無担保債権となります。その債権は、債務者が完済することとなり、どのように返済するか決めていきます。     

不動産投資家や第三者による任意売却とは

任意売却しても、債務者の持つ物件に住み続けられる手段として、リースバックがあります。これは専門業者などの第三者に売却し、さらに賃貸契約を結んで住み続ける手段です。     

任意売却の費用控除について

任意売却での不動産会社に払う手数料などは、住宅ローンの滞納のある債務者では、支払いが難しいです。そこでそのような費用を一時的に債権者が負担するのが費用控除です。     

任意売却を任せる業者の選び方

任意売却を行う場合は、業者を選んで手続きを任せる必要があるのです。信用できる業者の選び方を知っておきましょう。納得のいく任意売却を進められるように、業者選びは慎重に行いましょう。     

任意売却を成功させるポイントとは

住宅ローンを滞納してしまい、自宅を売却せざるをえなくなった人もいるでしょう。そのような場合には、任意売却が行われますが、任意売却における成功を知っておくと良いでしょう。     

競売甲立前の任意売却とは

住宅ローンの返済が難しくなり、支払いが滞ってしまうと、債権者が裁判所に競売申立を行い、物件が競売にかけられてしまいます。競売を避けるために、競売申立前に任意売却を行いましょう。     

競売甲立後でも任意売却はできる?

住宅ローン返済が滞り、自宅が競売にかけられそうな場合、債権者手続をして競売申立後になっても、申し立てを取り下げてもらい、任意売却の了承を得ることも不可能ではありません。     

融資住宅の任意売却とは

融資住宅のローン返済ができなくなり、物件を任意売却しなければいけない場合もあります。その場合は、任意売却の手続きに精通した信頼できる業者を選ぶようにしましょう。     

任意売却で保証人の同意が得られない場合は?

任意売却をするには連帯保証人の同意が必要です。同意がないまま任意売却をしようとすると、債権者は渋るでしょう。任意売却に同意せず、競売になれば連帯保証人にとっても負担がかかります。     

任意売却と自己破産のタイミングについて

自己破産と任意売却のタイミングは重要です。タイミングによって、負担する費用を軽減することができるのです。一般的には、自己破産の前に任意売却を行う方がメリットがあるとされています。     

任意売却における引越しについて

任意売却後の引越しまでの期間は競売と比較すると、短い傾向にあります。新しい生活を始めるにあたって、自分の意思で再スタートの期日が決められるのも任意売却のメリットです。     

任意売却ができないケースについて

任意売却後の引越しまでの期間は競売と比較すると、短い傾向にあります。新しい生活を始めるにあたって、自分の意思で再スタートの期日が決められるのも任意売却のメリットです。     

ゴミ屋敷の任意売却について

ゴミ屋敷はゴミ処分費用が発生するため、物件の価値が下がります。任意売却が必ず成功するというわけではありませんが、可能性がゼロというわけでもありません。競売になる前に行動しましょう。     

認知症になってしまったときの任意売却について

認知症によって住宅ローンが支払えなくなったときは、成年後見制度を利用すると任意売却することができます。申請に時間がかかるため、できるだけ早く取り組むことが大切です。     

任意売却における弁護士の役割とは

任意売却をするのであれば弁護士は必ずしも必要な存在ではありません。しかし、借金が多過ぎるときは必要です。任意整理、個人再生、自己破産などについて弁護士に相談をしてください。     

任意売却におけるブラックリストについて

任意売却における不動産売買契約は価格、支払方法、引き渡しの時期、名義変更登記を申請する時期、その他の条件などの取り決めをします。不動産売買契約の必須項目を知っておきましょう。     

任意売却における不動産売買契約

任意売却における不動産売買契約は価格、支払方法、引き渡しの時期、名義変更登記を申請する時期、その他の条件などの取り決めをします。不動産売買契約の必須項目を知っておきましょう。     

任意売却における住所変更とは

任意売却が終了するまで住所変更をしてはいけません。勤務先から住民票の提出を求められた場合は、住民登録をしていないため、転入後、提出すると伝えれば問題ありません。     

任意売却における価格と配分について

住宅ローンの返済が厳しくなったときに、任意売却を選択することもできます。リーズバックのようなメリットもありますが、価格や配分、仲介手数料、承諾料といったことにも注意が必要です。     

任意売却の相談先にふさわしいのは

任意売却を考える場合、さまざまな相談先があり、弁護士や司法書士、銀行なども候補になる一方で、選び方として本業ではない上、相談料といった費用も発生することから不動産会社がベストです。     

任意売却した後の自動車ローンについて

任意売却をした後には、自動車ローンは組みにくくなります。信用情報機関に事故情報が記載され与信に影響するためです。ですが、返済状況によっては条件付きで組めることもあります。     

任意売却後のクレジットカードの利用について

クレジットカードは便利ですが、任意売却後には、信用情報に金融事故が記載されているため、さまざまな条件が課せられることになるでしょう。新規発行は、与信審査が通らないと考えるべきです。     

任意売却にあたっての延滞金や滞納費用について

住宅ローンの支払いが遅れると延滞金が発生し、遅延損害金としてローン残額に対して日割り計算されます。膨大な滞納費用になり、税金の未納による差し押さえとともに任意売却に影響します。     

うつ病で任意売却したい場合について

うつ病により仕事ができなくなると住宅ローンを返済していくことが難しいです。その場合は任意売却を検討してみると良いかもしれません。住宅ローンの返済期限に悩まされることがなくなります。     

任意売却の事例について

任意売却は全ての人が満足いく結果になるとは限りません。人によっては失敗してしまう人もいます。成功事例と失敗事例をしっかりと把握してから、任意売却を進めていきましょう。     

リスケジュール中の任意売却

リスケジュールとは融資や住宅ローンなどの返済途中で返済が困難になったときに金融機関と交渉をして、当初の借入条件の変更を行うことです。リスケジュール中でも任意売却することが可能です。     

任意売却における売却益

任意売却の売却価格が高いほど自分への報酬も高くなるため、できるだけ高く売りたいと考える人も少なくありません。しかし、購入価格よりも高い売却益が出た場合には税金がかかります。     

任意売却と競売の価格差について

マイホームを手放す際は競売と任意売却の方法がありますが、価格差を知った上で判断しましょう。競売は良い場合でも実勢価格の8割ほどですが任意売却は悪くても7割から8割だとされています。     

任意売却を行うタイミングとは

任意売却は様々なステップを踏まなければならないため1ヶ月から3ヶ月ほどかかります。住宅ローンの滞納が始まってから早いタイミングで決断しましょう。競売が先に完了する可能性があります。     

任意売却で複数の債権者がいる場合には

債権者が複数いる場合の任意売却は、任意売却後の返済先も複数となり、住宅ローンだけを滞納している場合の任意売却と、そのほかにも滞納している場合の任意売却は交渉が異なります。     

任意売却で不動産業者を選ぶポイントとは

任意売却の業者選びに迷っている人もいるのではないでしょうか。任意売却を成功させるためには、業者選びも重要なポイントです。ポイントをおさえた上で、任意売却の業者を選びましょう。     

任意売却後に残債を返済できるの?

住宅ローンの返済が難しくなり、任意売却を検討している人もいますが、気になるのは住宅ローンを任意売却で返済できるかです。残債は、引き続き返済していかなければなりません。     

滞納がなくても任意売却を行うケースとは

多くの人は住宅ローンの返済が困難になり任意売却を検討しますが、住宅ローンを滞納していなくても任意売却をする場合があります。滞納する前であれば金融機関からの合意も得られやすいです。     

任意売却後の残債を買い取るサービサーについて

任意売却の際にローン債務の方が大きい場合も少なくありません。この場合は残債が発生します。この残債は不良債権として債権者からサービサーに債権が譲渡されるのが一般的です。     

任意売却サイトで気をつけること

任意売却を検討している人は業者をwebサイトで探すでしょう。webからの情報収集は任意売却をする上で欠かせませんが、web上で業者を探す際は注意しなければならないことがあります。     

任意売却で査定を頼むときの不動産会社の選び方

任意売却を不動産会社に依頼する際に悩むのが、不動産会社の選び方ではないでしょうか。依頼する不動産会社によって、任意売却の結果が左右されるため、慎重に選ぶことが大切です。     

任意売却で身内が協力できること

競売の可能性がある身内に協力できることは、金銭的な援助と任意売却を促すことです。金銭的な援助ができない場合は、本人が任意売却を決断し行動させるように促す必要があります。     

賃貸併用住宅の任意売却が進まない理由とは

賃貸併用住宅は戸建住宅の一部に賃貸住宅を加えた建物のことで、ローンの負担がなければ、生活にも余裕が出るでしょう。しかし、任意売却をする際にはなかなか進まないことがあります。     

任意売却をする際の住宅ローンの考え方

住宅ローンを完済するまでの間、安定した収入と支出を毎月繰り返していくことは、とても大変なことです。苦しい住宅ローンの返済に対して任意売却を決めると、気づくことがあります。     

任意売却で起こる想定外なこととは

どの任意売却の案件も個々に状況が異なるため、想定外のことが発生することがあります。嬉しい想定外な出来事もあるため仕組みなどを知ることが大切です。また、任意売却の業者選びも重要です。     

任意売却における売主の立場とは

任意売却における売主は、買主よりも弱い立場であるというイメージを持っている人もいるでしょう。売りたい人と買いたい人が、合意して成立するため、どの立場が優位ということはありません。     

任意売却による後順位抵当権者との関わり方とは

任意売却では1番抵当や2番抵当など、複数の後順位抵当権者が存在するケースがあります。一つ一つの金融機関と調整しながら進めなければならないため、利害関係者との調整能力が重要です。     

任意売却後の生活の変化について

任意売却後の生活の変化が気になる人も多いはずです。引っ越し先の賃貸の方がマイホームよりも狭くなるかもしれませんが、任意売却をして落ち着いた生活を手に入れてみてはいかがでしょうか。     

任意売却の適正な売却価格を知っておこう

任意売却をするにあたって適正な売却価格を知っておくことが大切です。不動産売買には適正価格が売却の要となります。競売にかけられる前に適正な売却価格で売りに出しましょう。     

共同名義人が行方不明の場合に任意売却はできるのか

共同名義人が行方不明の状態で、任意売却をする場合、不在者財産管理人という制度を利用します。管理者の選任や権限外行為許可に時間がかかるため、早めに行動することが大切です。     

任意売却するとマンションの滞納管理費はどうなるのか

滞納管理費はマンション経営に悪影響を与えるため、競売にかけられてしまうことも少なくありません。管理組合が競売の申し立てを行う前に、任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。     

住宅金融支援機構による任意売却の費用控除基準とは

任意売却の手続きにかかる費用は債権者が負担をするのが一般的ですが、住宅金融支援機構の費用控除基準には7つの項目があり、これを参考に銀行などが費用控除を決めていることが多いです。     

離婚時の連帯債務を任意売却で解消する方法とは

共同名義にして夫婦で住宅ローンを借りることもありますが、離婚するときは、簡単には連帯債務を外してはくれません。離婚後の連帯債務を解消する方法の一つに任意売却があります。     

大阪の任意売却と瑕疵担保の免責とは

大阪でローン返済にお困りの方におすすめなのが任意売却です。方法によっては物件から引っ越す必要がなく、そのまま住み続けることが可能ですので、ぜひ検討してみてください。     

大阪で任意売却後も住み続けられる方法とは

大阪でローン返済にお困りの方におすすめなのが任意売却です。方法によっては物件から引っ越す必要がなく、そのまま住み続けることが可能ですので、ぜひ検討してみてください。     

神戸で競売を取り下げ任意売却できる期限と方法

神戸で不動産が競売にかけられているという人は、任意売却の同意を取ることで取り下げることができるケースがあります。取り下げには条件と期限がありますのでしっかりと把握しておきましょう。     

神戸の専門家が任意売却をおすすめする理由とは

神戸で住宅ローンを滞納してしまっている人に専門家がおすすめする方法が任意売却です。任意売却で不動産を売却することで、様々なメリットがありますので、参考にしてみてください。     

任意売却の残債に時効は存在するの?

任意売却後、住宅ローンが残ってしまった場合、時効まで逃げるというのは現実的ではありません。時効の中断事由に該当すると時効のリセットが可能ですので、正当な方法で返済しましょう。     

【大阪の任意売却】任意売却後の残債に対する税金控除について知っておこう

連帯保証人のある住宅ローンを組んでマイホームを購入し、住宅ローンの返済が困難になった時は任意売却などをすることになります。連帯保証人に迷惑をかけないために慎重に進めていきましょう。     

【大阪の任意売却】連帯保証人に迷惑をかけない方法とは

連帯保証人のある住宅ローンを組んでマイホームを購入し、住宅ローンの返済が困難になった時は任意売却などをすることになります。連帯保証人に迷惑をかけないために慎重に進めていきましょう。     

【大阪の任意売却】買取専門不動産会社とは

任意売却時に買取専門不動産会社に直接買い取ってもらいたいと希望する人もいますが、原則、直接的な買い取りは行なっていません。理由の一つは、債権者の同意が得られないことが多いからです。     

【大阪の任意売却】マンションと戸建てでの任意売却の違いとは

マンションと戸建て住宅は任意売却を行う際の契約、期間、方法、債権者の交渉などには違いはありませんが、マンションは住宅ローン以外に管理費などがあるため滞納金の取り扱い方が異なります。     

【大阪の任意売却】競売と比較したときの任意売却のデメリットはあるのか?

競売よりも、任意売却の方がメリットが多いと感じる人もいるでしょう。しかし、競売と比較した任意売却のデメリットもあるため、デメリットを理解した上で検討してみてはいかがでしょうか。     

【大阪の任意売却】住宅金融支援機構から任意売却のパンフレットが届いた場合の対応

住宅金融支援機構から任意売却のパンフレットが届いたときには債権者が任意売却を進めているサインです。任意売却に関する申出書を提出して競売を避けるようにしないといけません。     

【大阪の任意売却】任意売却のできないケースを知っておこう

任意売却は一般の不動産売却とは異なり、債権者の合意がないとできません。債務者に主体性はないからこそ、多くの確認事項をすべてクリアしているかを確認しないといけません。     

【大阪の任意売却】任意売却で専門業者に依頼するメリットとは

任意売却を任意売却専門業者に依頼すれば、法律的に関する知識や債務整理に関する知識を有するスタッフが対応してくれて、不手際が生じることは圧倒的に少なくなるのがメリットです。     

【大阪の任意売却】任意売却のデメリットと注意点

任意売却は一般売却とは異なる点が多いです。あくまでも債権者ありきで進められるため、債務者に主体性はありません。売り急ぎの状態となって市場価格通りとはならないのが大半です。     

【大阪の任意売却】任意売却の相談時に聞くこと

任意売却を任意売却専門不動産会社に相談する場合、自社で販売機能を有しているかを聞くべきです。また、専門の販売員がいるかも債権者の要望に沿った契約とするために重要です。     

【大阪の任意売却】任意売却で連帯保証人の同意が必要な理由とは

住宅ローンで家を購入する時、金融機関は信用度を上げるために連帯保証人を求めます。連帯保証人の同意を必要としない契約も中にはありますが、任意売却を行う際は連帯保証人の同意が必要です。     

【大阪の任意売却】任意売却の進め方を知っておこう

任意売却は何度も経験することがないため、進め方がわからない人が多いです。スムーズに行うためにも、手続きなどの進め方について知っておきましょう。また、業者選びが重要なポイントです。     

【大阪の任意売却】債権者が任意売却を持ちかけてきたときには

任意売却を検討するのは住宅を購入した本人だけではありません。債権者が任意売却を持ちかけてくることもあります。債権者から話を持ちかけられたときに注意しなければならないことがあります。     

【大阪の任意売却】任意売却を検討する見極め方とは

住宅ローンの支払いが難しくなり任意売却を検討している人もいますが、何も考えずに任意売却を選ぶと失敗してしまう可能性があるため、決断する前に見極め方のポイントを知っておきましょう。     

【大阪の任意売却】任意売却を相談するときに準備するものとは

冷静に状況を把握した上で業者に相談し、手続きを進めていくことが任意売却を成功させるポイントです。業者から的確なアドバイスを受けるためにも、相談する前の準備を知っておきましょう。     

【大阪の任意売却】競売にならないために行う任意売却の進め方とは

大阪にある家を住宅ローンで購入した人も多いでしょう。返済が困難になると競売の可能性が出て来ます。通知後の任意売却は成功率が低いため、早い段階で任意売却を検討することが大切です。     

【大阪の任意売却】任意売却をするときの依頼先とは

大阪に住んでいる人の中には任意売却を検討している人もいるでしょう。依頼先を探さなければなりませんが、業者選びに迷うこともあります。それぞれの特徴を知った上で決定することが大切です。     

【大阪の任意売却】競売より任意売却が良い理由とは

これまで住んでいた大阪のマイホームを手放したくないものですが、住宅ローンが完済できなければいずれ手放すときがきます。競売よりも任意売却が良いとされる理由を知った上で検討しましょう。     

【大阪の任意売却】任意売却と自己破産の違いとは

住宅ローンの返済が困難になった時、自己破産を考える人も多いでしょう。しかし、任意売却の方が良い場合もあるため、任意売却と自己破産の違いを知った上で、使い分けることが大切です。     

【大阪の任意売却】任意売却における金融機関の対応について

住宅ローンの返済が難しくなり、任意売却を検討していることを金融機関に伝えると対応が変わることがありますが、任意売却の専門業者は対応の変化も理解しているため、冷静に対処できます。     

【大阪の任意売却】高齢者が住宅ローンの返済に困ったときには

多くの高齢者が住宅ローンの支払いに苦しんでいるのが現状です。住宅ローンの返済が難しいのであれば、市場価格に近い値段で手放すことができる任意売却で解決するのも一つの方法だと言えます。     

【大阪の任意売却】任意売却ができる人の条件とは

任意売却はできる人とできない人がいます。条クリアすべき件は住宅ローンの返済に困っているかどうかです。単純に売却したいと訴えるだけでは抵当権を解除する理由にはなりません。     

【大阪の任意売却】任意売却と個人情報について

任意売却をすると個人情報が公開されるのではないかと心配に思う人もいるでしょう。連帯保証人や連帯債務者、共有名義人への説明は必要ですが、これ以外の人には話す必要性はありません。     

【大阪の任意売却】任意売却した時のペットの行方とは

競売にかけられると、強制退去を命じられて出ていかなければなりません。そうなると、ペットとの暮らしにも影響が出ます。大切な家族を守るために任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。     

【大阪の任意売却】代位弁済通知が届いても任意売却できるのか

住宅ローンを滞納すると、代位弁済通知が届きます。これは保証会社が滞納分を一次的に立て替えたということで、放置していると競売に発展するため、その前に任意売却の手続きを始めましょう。     

【大阪の任意売却】職場に知られずに任意売却はできるのか?

住宅ローンが支払えなくなりマイホームを手放さなければならないという人もいるでしょう。職場に知られることが心配で踏み切れない人もいるはずですが、任意売却は会社に知られません。     

【大阪の任意売却】正社員でなくても任意売却はできるのか?

会社が倒産になり住宅ローンを滞納し続けている人もいるでしょう。返済できずにいると競売が開始します。回避するために任意売却をしてみてはいかがでしょうか。正社員でなくても可能です。     

【大阪の任意売却】司法書士が行う任意売却とは

住宅ローンが支払えなくなって任意売却をする時に、相談ができる専門家の一つに司法書士がありますが、一般的な手続きをしていく前に司法書士ならではのやりとりが発生するのが特徴です。     

【大阪の任意売却】任意売却ができなくなるタイミング

任意売却にもタイムリミットがあります。少しでもタイミングが遅れると、手遅れになるかもしれません。手続きのタイミングやタイムリミットについて知り、検討してみてはいかがでしょうか。     

【大阪の任意売却】任意売却専門業者と一般の不動産業者の違いについて

任意売却の専門業者と不動産の違いがわからない人も多いでしょう。債権者から不動産を紹介される場合がありますが、都合の良いようにスケジュールが決められてしまうことが多いため要注意です。     

【大阪の任意売却】不動産任意売却を成功させる秘訣とは

任意売却はどんな状況でも成功するというわけではありません。成功の秘訣はタイミングです。住宅ローンの滞納が始まる前に業者に相談をして、計画や対策をしていくことが大切です。     

【大阪の任意売却】任意売却を行う前に準備しておくこととは

住宅ローンが払えなくなる可能性がある人もいるでしょう。滞納が続くと強制的にマイホームを手放すことになります。そのため、滞納の可能性がある時点で任意売却の準備をすることが大切です。     

【大阪の任意売却】任意売却の詐欺にはどのようなものがあるのか

任意売却の専門業者の中には悪徳業者もいます。引っかからないように、任意売却における詐欺について知っておきましょう。よくある詐欺の一つは、高く売れると嘘をついて誘いこむケースです。     

【大阪の任意売却】任意売却をする上で知っておきたい知識とは

任意売却を検討している人はハンコ代の知識を身につけておきましょう。ハンコ代は債権者が複数いるときに発生するもので、二番抵当権者以降の債権者へ配分する意味があります。     

【大阪の任意売却】任意売却における弁護士の必要性について

マイホームの住宅ローンが払えなくなり、任意売却をするときは専門業者に依頼することになり、弁護士は不要です。しかし、住宅ローン以外に多額の借金がある場合は必要になるかもしれません。     

【茨木市の任意売却】任意売却業者の選び方について

将来のことを考えてマイホームを茨木市に建てたという人も多いですが、ローンの返済が難しくなったときは任意売却を検討しましょう。その際に業者の選び方には気をつけなければなりません。     

【箕面市の任意売却】任意売却業者の選び方について

箕面市は暮らしやすいエリアですが、マイホームを任意売却によって手放さなければならないこともあるでしょう。専門業者の選び方のポイントは、自分に似た状況の実績があるところです     

【大阪市の任意売却】任意売却業者の選び方について

任意売却の依頼先は専門業者ですが、大阪にも様々な会社があるため選び方に迷うこともあるでしょう。選び方次第で結果が大きく変わってくるため、慎重に選ぶことが大切です。     

不動産投資物件の任意売却について

不動産投資用の物件を購入した人もいるでしょう。成功するとローンを返済していけますが空室が続いたりなどで返せないケースもあります。その場合は任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。     

不動産投資で失敗したら、任意売却でカバーしよう

不動産投資が成功しないということはローン返済に失敗するということです。多くの人は成功方法を考えますが、失敗したときの対処法も考えておかなければなりません。一つは任意売却です。     

【大阪の任意売却】任意売却のメリットがある人とは

ローンが支払えなくなり自宅を手放すことになったという人もいるでしょう。競売と比較すると任意売却には欠点がなく、メリットの方が多いため自分で売るという選択をすることをお勧めします。     

【大阪の任意売却】銀行に任意売却を断られたときには

任意売却はマイホームの残債を完済できないけど売っても良いかを借入先である金融機関の承諾が必要になります。双方のためになるということをアピールして銀行と交渉しましょう。     

【大阪の任意売却】任意売却に応じないケースとは

任意売却の希望に債権者が応じないケースも少なくありません。逆に借入先から勧められることがありますが、それに応じないと競売が成立し、後から任意売却を申し出ても拒否されるでしょう。     

【大阪の投資マンション】マンション経営のリスクとメリットとは

投資マンションを購入すると、家賃収入が得られるなど様々なメリットがありますが全ての人が成功するわけではないため、経営のリスクを知った上でしっかり準備する必要があります。     

【茨木市の任意売却】売買代金から捻出できない費用とは

茨木市で任意売却を検討する際に、売買代金から引っ越し費用も確保もできるなどのメリットがありますが、売買代金から捻出できない費用についても知っておく必要があります。     

【大阪の投資マンション】空室物件が解決した事例とは

大阪に投資マンションを購入した人や購入を考えている人もいるのではないでしょうか。空室が続くと運営を続けていくことが難しくなります。よくある失敗事例と解決方法を知っておきましょう。     

【大阪の投資物件】注意が必要な違反建築物件とは

これから大阪で投資物件を購入しようと考えている人は違反建築に注意しなければなりません。違反建築は建築基準法をクリアしていないもののことで、絶対に見落としてはいけないポイントです。     

【大阪の投資マンション】優良な投資マンションの探し方

大阪で投資マンションを探している人もいるのではないでしょうか。不動産投資は仕入れで7割決まるとされています。良い物件を購入できるかどうかが重要であるため探し方を知っておきましょう。     

【大阪の投資物件】投資物件で起こるトラブルとは

大阪で投資物件を購入し、運営をしようと思っている人は、運営中に起きるトラブルを知り対策を考えておかなければなりません。いつ問題がおきても対処できるようにしておきましょう。     

【茨木市の任意売却】任意売却中の住宅ローン返済の必要性について

住宅ローンの支払いに困っている人もいるのではないでしょうか。任意売却で手放す方法がありますが、売却後も返済をしなければなりません。交渉で返済の負担を軽減しましょう。     

【大阪の投資物件】失敗しない投資物件の見極め方とは

様々な投資物件がありますが、成功する条件を知っておくことはもちろん、失敗しないために見極める力も身につけていくことが大切です。見極め方のポイントを知っておきましょう。     

【大阪の投資物件】投資物件を探す前に身につけておく知識とは

投資物件を探す前に身につけておくべき知識があります。後から身についていく知識もありますが、ローンのことなど何も知らない状態で始めるのが一番失敗に繋がりやすいため注意してください。     

【大阪の投資マンション】マンション経営が老後対策に最適な理由とは

老後対策として投資マンションを購入しようと思っている人たちも大阪にいるのではないでしょうか。投資マンションを老後対策に購入する最適な理由があるため、知っておくと良いかもしれません。     

【大阪の投資マンション】やめたくなる原因と回避策について

大阪で投資マンションを購入したけど、途中でやめたくなった人も少なくありません。これから物件を購入する人は、なぜやめたくなるのか、その原因と回避策を知った上で始めることが大切です。     

【箕面市の任意売却】早期解決のために必要なこととは

ローンを返済しなければ強制的にマイホームを手放すことになるため、任意売却を望むのであれば出来るだけ早い段階で決断することが大切です。そして、早期の相談が早期解決のポイントです。

【大阪の投資物件】投資物件を選ぶ際のポイントとは

大阪で投資物件を探している人もいるのではないでしょうか。投資に向いている地域があるため、不動産の選び方次第で成功する可能性が高くなります。選ぶポイントを知り参考にしましょう。

【茨木市の投資物件】稼げる物件の見分け方とは

不動産投資は空室が続き、収入が得られなければ失敗に終わるかもしれません。そうならないように稼げる投資物件の選び方を知っておきましょう。リスクとのバランスも考慮することが大切です。

【大阪の投資マンション】リノベーション投資で知っておきたいポイントとは

投資マンションをリノベーションする人が増えてきました。古い建物が魅力のある物件に変えることができれば高収益が目指せますが誰でも成功するわけではないためポイントを知っておきましょう。

【箕面市の投資マンション】始める前に知っておきたいこととは

不動産投資を始める前に知識を身につけておく必要があります。様々なメリットがありますが、リスクもあります。投資マンションの種類などを知った上で購入することが大切です。

【箕面市の任意売却】失敗しない任意売却とは

箕面市で任意売却を検討している人もいるでしょう。マイホームを手放すことは簡単にできない決断だからこそ、手放す時には失敗しないための条件について知っておくことが大切です。

【大阪の投資物件】投資物件について初心者がしっておくポイントとは

大阪で投資物件を探している人もいるのではないでしょうか。不動産投資の初心者が知っておくべきポイントがあります。少しでも失敗のリスクを軽減できるように、ポイントを抑えておきましょう。

【茨木市の投資物件】投資物件を探すのに適した時期とは

茨木市で投資物件を探す際、タイミングに迷う人もいるでしょう。適した時期を選ぶことができれば、比較的スムーズに投資物件を探すことができます。また、不動産投資を始める年齢も重要です。

【大阪の投資マンション】投資マンションを売却する際の見極め方とは

大阪で投資マンションを所有している人も多いでしょう。いつまでも安定した家賃収入が得られるわけではないため、所有し続けるべきか売却すべきか判断しなければなりません。

【箕面市の投資マンション】マンション投資に関わる不動産会社とは

箕面市で投資マンションを運営する際は不動産会社選びが重要です。長くお付き合いをしたいのであれば、購入から売却までワンストップでサービスを受けられるところがいいかもしれません。

【箕面市の任意売却】任意売却を決めた時期とは

マイホームの住宅ローンが支払えなくなってしまった人もいるのではないでしょうか。少しでもいい形で自宅を手放せるように、任意売却を検討する人も多いですが、ポイントは決断する時期です。

【大阪の投資物件】投資物件の必要資金とは

投資物件を購入しようと考えている人は、購入する前に必要資金について知っておきましょう。物件の購入以外にもお金がかかるため、将来の見通しを立てて計画することが大切です。

【茨木市の投資物件】投資物件の種類を理解しよう

これから不動産投資を始めようと考えている人は、投資物件の種類を把握しておきましょう。メリットだけでなく、デメリットなど特徴をしっかり理解した上で購入することが大切です。

【大阪の投資マンション】投資マンションの選び方とは

大阪にも投資マンションが多く存在します。理想の物件が見つかりそうなイメージがありますが、選択肢が多い分、迷うことも少なくありません。選び方のポイントを知った上で購入しましょう。

【箕面市の投資マンション】ワンルームマンション投資を失敗した理由とは

これから箕面市で投資マンションとしてワンルームマンションを購入し、運用を始めようと考えている人は、成功する方法だけでなく失敗してしまった理由も知っておくことが大切です。

【箕面市の任意売却】任意売却の事前準備とは

箕面市にあるマイホームを任意売却で手放そうと思っている人もいるでしょう。基本的には専門業者に依頼することになりますが、成功率を高めるために情報を集めるなど事前準備が必要です。

【大阪の投資物件】投資物件の正しい判断とは

大阪で投資物件を探している人もいるのではないでしょうか。選び方次第で結果が変わってくるため、正しい判断をしなければなりません。判断材料について知っておきましょう。

【茨木市の投資物件】投資物件で注目するところとは

茨木市で投資物件を探している人は、どのようなところに注目すべきか知った上で購入することが大切です。特に、利回りはチェックしましょう。表面利回りだけでなく実質利回りも重要です。

【大阪の投資マンション】投資マンションが女性に適している理由とは

大阪でも投資マンションを運用している女性が多いです。不動産投資は女性に適していると聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。女性が適していると言われている理由があります。

【箕面市の投資マンション】投資マンションの仕組みについて

箕面市で投資マンションを購入し、運用したいと考えている人は、投資マンションの仕組みを知っておきましょう。投資マンションの運用は知識がなければ失敗する可能性があります。

【箕面市の投資マンション】マンション投資のメリットとデメリット

箕面市で投資マンションの購入を検討している人もいるでしょう。箕面市の良い投資マンションを買い逃すことがないように、投資のメリットを知り、購入の決断をしてみてはいかがでしょうか。

【大阪の投資物件】マンション投資における目標利回り

大阪には様々な投資マンションが存在するため、どれを選ぶと成功するのか悩むこともあるのではないでしょうか。ポイントは利回りです。目標値に達しているかどうかを基準に選んでみてください。

【茨木市の投資物件】不動産投資の表面利回りと実質利回りの計算方法

茨木市で不動産投資をするにあたり、物件の選び方が成功の鍵となります。物件を選ぶ際にポイントになるのは利回りです。表面利回りと実質利回りの計算方法を知り、シミュレーションしましょう。

【大阪の投資マンション】不動産投資の表面利回りと実質利回りをexelで計算する

大阪で投資物件を選ぶ際に、利回りに注目することが大切ですが、計算方法がわからない人もいるでしょう。2種類の利回りをそれぞれ算出しなければなりませんが、exelを活用すると簡単です。

【箕面市の投資マンション】高い利回りの物件の選び方

箕面市でも高い利回りの投資物件がたくさんありますが、目安は10%です。利回りの高さにこだわり過ぎてしまうと希望条件に合わないことがあるため、目安として考えておくことが大切です。

【大阪の任意売却】任意売却を成功させるための進め方とは

大阪で任意売却を行うときには一般的に大阪の専門業者に依頼することになりますが、依頼したからといって必ず成功するわけではありません。成功するための進め方を知っておきましょう。

【大阪の投資物件】不動産投資を始めるタイミングとは

大阪で不動産投資を始める際、物件を購入するタイミングとそうではないタイミングがあるため注意してください。買う時期を間違えると返済時に大きなリスクを抱える恐れがあります。

【茨木市の投資物件】不動産投資で自己破産した理由とは

茨木市で不動産投資を始める前に知っておきたいことがあります。それは、失敗した時のことについてです。失敗すると自己破産することがあります。自己破産の理由について知り対策をしましょう。

【大阪の投資マンション】マンション1棟に投資するメリットとリスクとは

大阪で一棟丸ごと投資マンションを購入しようと考えている人もいるでしょう。何も知らずに一棟丸ごと購入するのは危険です。メリットやリスクなどを理解した上で検討するようにしましょう。

【箕面市の投資マンション】学生向けマンションに投資するメリットやトラブルとは

箕面市で学生向けの投資マンションを購入しようと考えている人もいるでしょう。様々なメリットを得ることができますが、よく起きるトラブルについても知っておくことが大切です。

【大阪の任意売却】任意売却が決定する期間とは

任意売却は競売が完了すると実力のある大阪の業者に依頼しても成功しません。悩む期間が長く決断が遅くなると成功率が下がってしまうため、期限があるということを理解しておく必要があります。

【大阪の投資物件】理想の利回りを知っておこう

大阪には投資物件がたくさんあり、選び方次第で失敗することもありますが、ポイントは利回りです。理想の数値を知った上で、投資物件を選ぶ際の目安にしてみてはいかがでしょうか。

【茨木市の投資物件】不動産投資で必要な頭金とは

茨木市の投資物件を購入する際に頭金が必要です。フルローンも可能ですが、返済比率が高くなるリスクがあります。また、頭金の額は状況や投資家の考え方によっても変わります。

【大阪の投資マンション】ワンルームマンションの住みやすい間取りとは

大阪には投資用のワンルームマンションがあります。投資マンションを選ぶ際は住みやすい間取りがポイントです。ターゲット層で求める条件が異なり、人気の条件もあるため知っておきましょう。

【箕面市の投資マンション】投資マンションの構造を知っておく理由とは

箕面市で投資マンションを購入する際、利回りや立地などを重視する人が多いですが、構造についても知っておく必要があります。構造の種類やそれぞれの特徴を理解した上で選ぶことが大切です。

【大阪の任意売却】不動産担保ローンと任意売却の関係性とは

不動産担保ローンはオーバーローンの状態で受けると返済できなくなった時に担保にしていたものを売却しても返済が難しい状態になることもあります。競売の前に任意売却を検討しましょう。

【大阪の投資物件】サラリーマンの賃貸経営は副業になるのか

サラリーマンでも賃貸経営を行うことができます。投資ですが、規模が大きくなると副業になるケースがあるため、本業が副業を認めていない場合は気をつけなければなりません。

【茨木市の投資物件】不動産投資を法人化するタイミングとは

不動産投資の規模が大きくなると法人化を検討する人も多いです。節税対策になると言われていますが、メリットやデメリットなどの特徴を知った上で、適切なタイミングを図ることが大切です。

【大阪の投資マンション】投資セミナーに参加する注意点とは

投資マンションは知識がなければ失敗します。知識を身につけるために不動産投資セミナーに参加するのも方法ですが、ただ参加するだけで終わることがないように、注意点も知っておきましょう。

【箕面市の投資マンション】中古マンション投資で失敗しないためのポイントとは

投資マンションとして中古マンションを購入する際、新築と比較すると気をつけなければならないこともあるため、失敗しないためのポイントを知った上で箕面市で探すことが大切です。

【大阪の任意売却】離婚で家を任意売却する方法とは

離婚する時は、これまで二人で築き上げてきた財産を分けることになります。マイホームも含まれますが、ローンを完済していない場合は任意売却で現金化することをお勧めします。

【大阪の投資物件】投資物件を手放すタイミングとは

不動産投資を行っている人の中に物件を手放そうと思っている人もいるのではないでしょうか。手放す理由によって、売却する方法とタイミングが異なります。専門家に相談するのも一つの方法です。

【茨木市の投資物件】失敗しないための5つの選び方とは

投資物件は選び方が重要なポイントです。選び方次第で失敗に終わる恐れがあるため、注意しなければなりません。ポイントの一つは、バランスの良さです。5つの項目を総合的に見てください。

【大阪の投資マンション】ワンルームマンション投資の失敗事例とは

投資マンションはファミリー向け、単身用のワンルームがありますが、購入価格が抑えられるワンルームから始めようと思っている人もいるでしょう。失敗事例を知り対策をすることが大切です。

【箕面市の投資マンション】節税対策で行うリスクとは

節税対策のために投資マンションの購入を検討している人もいるでしょう。サラリーマンでもできますが失敗のリスクもあります。購入時も売却時も税金がかかるため注意しなければなりません。

 

ページTOPへ