トップ >任意売却についてのコラム >任意売却を任せる業者の選び方
任意売却を任せる業者の選び方

業者は過去の経験や実績を重視して選ぶ


業者は過去の経験や実績を重視して選ぶ

せっかく住宅ローンを組んでマイホームを手に入れても、ローン返済が滞ってしまい、自宅を手放さなければならない状況になる人もいます。
そのような場合には、任意売却という形で自宅を売却するケースがあります。
この任意売却を行う場合は、相談する業者をきちんと選んで手続きを任せる必要があるのです。
信用できる業者の選び方を知っておきましょう。
まず、任意売却を依頼する際には、しっかりとした経験をもとに、正しく任意売却を遂行してくれる不動産業者を選ぶ必要があります。
任意売却は、普通の不動産売却とは売却期間や売却方法など異なる点もあるので、
任意売却は個人で行うことも可能ですが、経験豊富なプロの手に任せる方が賢明だと言えるでしょう。
任意売却には、信頼できるプロに任せること、不動産会社の選び方に関する知識を取り入れることが大切です。
任意売却の相談を専門として扱っている経験豊富な業者に相談し、任意売却を進めていくと良いでしょう。

業者は専門家を重視して選ぶ


業者は専門家を重視して選ぶ

任意売却を任せる業者を選ぶ時には、過去の経験や実績の他にも確認しておきたいことがあります。
任意売却の際には、不動産取引に必要な宅地建物取引業法の他に、民事訴訟法、民事執行法、税法、民法、弁護士法といった法律知識が必要です。
また、任意売却特有の知識がないと、金融機関との交渉を有利に進めることはできません。
様々な専門知識が必要になるので、弁護士や宅地建物取引主任者など、専門家が揃っている業者を選ぶようにしましょう。
また、任意売却には、通常の不動産取引と同様に売却に係る費用が発生しますが、売買代金からの清算が可能になっています。
仲介手数料以外の費用を請求したり、お金をもらえるのを約束したりする会社は、詐欺に近い違法な取引をしている可能性があります。
このような会社に任意売却を依頼すると、後々トラブルとなることが多いです。
納得のいく任意売却を進められるように、業者選びは慎重に行い、進めていくようにしましょう。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ