トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の投資物件】サラリーマンの賃貸経営は副業になるのか
【大阪の投資物件】サラリーマンの賃貸経営は副業になるのか

サラリーマンとして運営する際は

 サラリーマンとして運営する際は
サラリーマンとしての収入だけでなく、副業をして収入源を増やそうと考えている人もいるのではないでしょうか。
副業にも様々な職種がありますが、大阪で賃貸経営を副業として取り組む人も少なくありません。
投資であるため、株やFXのように融資の面でも有利になるため、チャレンジしてみたいと思う人もいるでしょう。
投資と仕事とは異なると思っていても、規模が大きくなって本業にも支障をきたすような状況になれば、副業になります。
大阪でも認めていない会社もあるはずです。
そのため、本業の職場で副業が認められていない場合は要注意です。
また、サラリーマンとしての仕事を疎かにしてまで賃貸経営をするのは、あまりおすすめできません。
例えば、職場で仲介会社と電話で交渉をしたり、外回りの際に本職とは関係のない打ち合わせを行ったり、金消契約を行うなどです。
自分では会社には迷惑がかかっていないと思っても、労働基準法から見ると解雇など処分を受ける可能性があります。
賃貸経営関連の連絡が必要な場合は、就業後もしくは休み時間を利用してください。
勤務時間外であればプライベートになるため、投資の時間に当てても問題がありません。
本業に迷惑をかけないように、上手にプライベートの時間を使いましょう。

知られることもある


 知られることもある
本業の職場が解禁していない場合に知られなかったら問題ないと思っている人もいるでしょう。
中には職場に申告せず、賃貸経営をしている人もいますが、周囲に言っていなくても知られることがあります。
それは住民税です。
年末調整を行う際に、会社は自治体に給与支払報告書を送付します。
大阪などの自治体は、それをもとに住民税の納税額を算出して、会社へ住民税課税決定通知書を送付します。
それを会社側が見たときに給与に見合わない税額に気がつき、知られることがあるのです。
知られないようにするためには、収入を確定申告する際に住民税の通知を普通徴収にします。
そうすることで、会社から天引きになるのではなく、自分で収めることができるようになります。
このように、サラリーマンでもチャレンジすることは可能ですが、気をつけなければならないこともたくさんあります。
本業に支障をきたさないように上手に運営をしてみてはいかがでしょうか。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ