トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】不動産担保ローンと任意売却の関係性とは
【大阪の任意売却】不動産担保ローンと任意売却の関係性とは

オーバーローンには要注意

 オーバーローンには要注意
大阪で不動産担保ローンを利用している人は、オーバーローンという言葉も覚えておかなければなりません。
なぜなら、リスクを伴うからです。
大阪にある不動産を担保にしてお金を借りる際に、建物の評価価格の7割ほどが融資額と言われています。
全額の融資が受けられないのは、建物は年数とともに評価額が下がってしまう可能性があったり、金利が変動してお金の価値が変わることがあるため、未回収のリスクを減らすために7割程度に設定するケースが多いです。
また、不動産担保ローンは所有している不動産を担保にするため、融資が受けられやすいですが、オーバーローンの状態で受けると、返済できなくなったときに担保にしていたものを売却しても、返済が難しい状態になることも少なくありません。
返済ができなくなると、自己破産の可能性も出てくるため要注意です。

競売はさらに借金を増やす


 競売はさらに借金を増やす
完済することが不可能になると、競売にかけられます。
強制的に大阪の自宅から追い出されることになり、売られたお金から返済に回しますが、オーバーローンの状態は売り払っても借金が残るため、基本的に債権者は自宅を売ることができません。
また、競売は市場価格よりも安くなるケースが多く、さらに借金を増やしてしまう原因となります。
住む家がなくなった上に、さらに借金が増えると今後の生活にも支障をきたします。
そのような状態を避けるために、任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。
任意売却は、専門業者が仲介に入って、債権者と債務者がお互いに納得する形で売却を進めていくことが可能です。
競売よりも高く売れることが多く、債務者だけでなく債権者にとってもメリットになる部分があるため、任意売却という手段を選択する人も少なくありません。
しかし、競売がすでに開始され、落札されると任意売却を行うことができなくなります。
返済が難しくなった時から考え始め、出来るだけ早い段階から動き始めるようにしましょう。
不動産担保ローンを利用する際は、オーバーローンに気をつけることを前提に、万が一のときには任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ