トップ >任意売却についてのコラム >【箕面市の投資マンション】投資マンションの構造を知っておく理由とは
【箕面市の投資マンション】投資マンションの構造を知っておく理由とは

なぜ構造を知っておくべきなのか

 なぜ構造を知っておくべきなのか
箕面市で投資マンションを購入しようと考えている人も少なくありませんが、多くの人は利回りの高さや立地、築年数などを重視するでしょう。
しかし、投資マンションの構造についても知っておく必要があります。
構造を知る理由の一つは、特徴を理解することでターゲット層にあった投資マンションを購入することができるからです。
ニーズにあった物件を購入できれば、リスクを下げることができます。
また、投資マンションの構造にはW造、RC造、SRC造、S造などの種類があり、それぞれ特徴が異なります。
メリットもあればデメリットもあるため、全てを理解した上でターゲット層に適切かどうか見極めていくことが大切です。
箕面市で物件選びを失敗しないためにも、慎重に選びましょう。

それぞれ魅力的な部分が異なる


 それぞれ魅力的な部分が異なる
W造は木造のことです。
日本は木材が豊富にあり、木造建築の技術も進歩しています。
コストがかからない、計上できる減価償却費の割合が高い、通気性がよく結露が発生しにくいことが利点です。
しかし、遮音性や耐震性などの機能面で欠けているため、地震の多い日本では人気がない傾向にあります。
RC造は鉄筋とコンクリートからできており、木造にはない耐震性、遮音性に優れているのが魅力的です。
また、耐火性も高く、延焼を防ぐことができますが、結露が発生しやすく、換気対策が欠かせません。
コストも高く、坪単価が80万から120万です。
修繕費も高くなるため注意しなければなりません。
SRC造は鉄筋とコンクリート、鉄骨によって構成されており、高層マンションではよく用いられている構造です。
耐震性、耐火性、遮音性が高いですが、建築コストが高いことや結露しやすいという欠点があります。
S造は柱や梁などに鉄骨や鋼製が使われており、低層住宅から高層ビルまで幅広く採用されています。
耐震性に優れており、購入費やメンテナンスコストも比較的低く抑えることができるのが魅力です。
コストが安く抑えられるということは投資対効果も高いということです。
しかし、振動を伝えやすいため遮音性が低いです。
このように様々な特徴があるため、利点、欠点を踏まえた上で箕面市の物件を選んでみてはいかがでしょうか。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ