トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の投資マンション】ワンルームマンションの住みやすい間取りとは
【大阪の投資マンション】ワンルームマンションの住みやすい間取りとは

ターゲット層によって求める条件が異なる

 ターゲット層によって求める条件が異なる
大阪には、たくさんのワンルームマンションがあります。
居住用として借りる人も多いですが、大阪でワンルームの投資マンションを探している人も多いのではないでしょうか。
駅から近い、近くに商業施設があるなど立地の良さも重要ですが、間取りも大切なポイントです。
住みやすい間取りの投資マンションを選びましょう。
住みやすさはターゲット層によって異なるため、どのような層に投資マンションを利用してもらいたいのか、あらかじめ決めておく必要があります。
例えば、学生がターゲットであれば、家賃を抑えるためにもコンパクトでシンプルな間取りが人気です。
広さは15平方メートルから20平方メートルと狭いですが、生活に最低限の家具が置ければ問題ないでしょう。
しかし、学生にも様々なタイプがあります。
音楽などの専門学校に通っていれば、楽器や歌の練習のために遮音性を求めます。
お医者さんや弁護士を目指す学生は、本や資料をたくさん保管しなければならないため、デスクや本棚などが置けるように広めのお部屋を好む傾向があるのです。

人気の条件とは


 人気の条件とは
高齢者もワンルームに住む場合があります。
高齢化が進んでいる日本では、これからも高齢者をターゲットにした物件の需要が高まっていくでしょう。
学生が好む物件とは異なり、バリアフリー仕様やエレベーター付き、お風呂場に手すりがついているなどの物件が人気です。
また、お部屋で過ごす時間も長くなるため、日当たりの良さも欠かせません。
ゆったりと過ごせる広いリビングの間取りが求められます。
逆に住みにくいと感じる間取りもあります。
例えば、洗濯機を室内に置けない、広くても形がいびつ、玄関のドアを開けたら、すぐにリビングがあるなどです。
特に、築年数が古いワンルームマンションだと、洗濯機を室内に置けない物件があるため、気をつけましょう。
このような物件もリフォームすることができれば問題ありませんが、工事することが難しい場合もあります。
このように、大阪の物件を選ぶ際は、ターゲットに合うポイントを意識した上で検討してみてはいかがでしょうか。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ