トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の投資マンション】マンション1棟に投資するメリットとリスクとは
【大阪の投資マンション】マンション1棟に投資するメリットとリスクとは

特徴を知っておこう

 特徴を知っておこう
大阪で一棟丸ごと投資マンションを購入しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
大阪にも投資マンションがたくさん建てられているため、一棟丸ごと購入することができます。
しかし、初めて不動産投資をする場合、何も知らずに一棟丸ごと購入するのは危険です。
メリットやリスクなどの特徴を理解した上で検討するようにしましょう。
まずメリットについてですが、主に4つあります。
一つは、家賃収入がまとまって得られることです。
部屋数が多いためお部屋ひとつだけを貸し出すよりも多くの収入が得られます。
家賃を低く設定しても収入が多くなるのが魅力的です。
二つ目は、利回りの高さです。
アパートよりは低いですが、長期的に運用益や売却益が見込め、安定したキャッシュフローを確保できます。
三つ目は空室リスクが分散されることです。
余程のことがない限り、全室が空室になることはなく一室に入居者がいなくても収入がゼロになるわけではありません。
四つ目のメリットは自由度の高さです。
オーナーになるため、修繕やリフォームが自由に行うことができます。
もちろん、区分マンションでも行うことはできますが、他のオーナーさんとの兼ね合いもあるため、自分の要望が通らないことがあります。

デメリットもある


 デメリットもある
デメリットも様々あります。
例えば、投資マンションを一棟丸ごと購入することになるため、高額な資金がかかるということです。
一室だけであれば数千万で買えるものが、一棟となると億を超えることも少なくありません。
まとまった収入が得られますが、ローンの返済額も高額になるため空室が多くなると返していくことが難しくなり、自己破産する可能性も出てきます。
また、運用が怪しくなった時に売却をしようと思っても簡単に売れないというリスクもあります。
中古でも億を超えることもあり、買い手が限られている中で競合がたくさんあるため、すぐに売りたくても売れないケースがあるということを知っておかなければなりません。
他にも維持管理費が高額になることや、災害のリスクが大きいというのも欠点として挙げられます。
このように良い点もあればリスクもあります。
不安であれば、大阪の区分マンションから始めてみてはいかがでしょうか。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ