トップ >任意売却についてのコラム >【茨木市の投資物件】不動産投資で自己破産した理由とは
【茨木市の投資物件】不動産投資で自己破産した理由とは

入居者を安定して確保するために

 入居者を安定して確保するために
茨木市で不動産投資を始める前に知っておきたいことがあります。
それは、失敗した時のことについてです。
成功させるポイントを知っておくことはもちろん大切なことですが、失敗した時のことを知り、対策や解決方法を考えることも重要です。
失敗すると自己破産することがあります。
茨木市での投資でも失敗して自己破産する可能性がゼロではありません。
自己破産の理由について知っておきましょう。
理由の一つは、空室の対策を考えていなかったことです。
不動産を賃貸する際には、入居者を安定して獲得し続けなければなりませんが、空室リスクを考えていないと入居者が途絶えて収入がなくなってしまいます。
空室リスクに対して対策を行うことが安定した運用には必要なことです。
茨木市の立地条件を考慮した上で不動産を購入したり、内装、設備など空室リスクにつながることを把握して改善していきましょう。
できるだけお金をかけたくないものですが、最低限の修繕やリフォームは欠かせません。
室内の清潔さを保ち、お部屋がきれいに見えるように照明にこだわるといった方法もあります。
家賃も適正価格を心がけましょう。
工夫をしても入居者が現れない場合は、家賃や内装を見直すといいかもしれません。

表面ではなく実質で計算しよう


 表面ではなく実質で計算しよう
表面利回りに目がいってしまったというのも自己破産の理由として挙げられます。
投資物件を購入する際に利回りに注目しなければなりませんが、表面利回りと実質利回りの違いを理解していなければ失敗する恐れがあります。
基本的には表面ではなく、実質の方に注目してください。
なぜなら、表面は実際の収入を予測することが難しいからです。
表面利回りはローンの返済額や税金、メンテナンス費を含めて計算していません。
それを元に計画を立てても、予測した収益が運用を圧迫します。
一方、実質は経費などを含めて計算をするため、実際の収入に近い数字を知ることが可能です。
表面利回りだけに目がいってしまわないように、しっかりと実質で計算する必要があります。
他にも、管理が行えていないことや赤字経営の実態をきちんと把握していないことも自己破産の理由になるため気をつけなければなりません。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ