トップ >任意売却についてのコラム >【箕面市の投資マンション】高い利回りの物件の選び方
【箕面市の投資マンション】高い利回りの物件の選び方

目安は10%?

 目安は10%?
箕面市でも投資物件がたくさんあります。
これから箕面市で投資マンションを購入し、運用しようと考えている人は、高い利回りの選び方を知っておきましょう。
選び方の一つは、表面ではなく実質の方の数値を見ることです。
表面はかかる経費などを含めずに算出されたものであるため、実際に運用をし始めると想像していた収入が得られません。
実質の方は固定資産税や管理費、修繕費などの経費を含めて手元に残る割合を知ることができるため、物件情報で掲載されている表面だけに注目しないように注意しましょう。
それを知らずに箕面市で高い利回りのマンションを買ってしまうと失敗する恐れがあります。
また、初めて不動産投資をする人は、高い利回りとはどれくらいの割合を指すのかわからないものです。
多くの人は10%以上を目安にしていますが、初心者が10%以上にこだわって探していると希望条件に合わないことが多いため、一つの目安として考えておく必要があります。

目安として考えておこう


 目安として考えておこう
リスクが伴うということも知っておかなければなりません。
例えば、都心から離れていたり、築年数が古い中古物件などは高利回りですが、同時に空室リスクも高くなります。
収益物件の平均は6%以上だとされていますが、実際に探し始める時は流通している物件の現状と照らし合わせて考えましょう。
10%以上にこだわり、探し続けていると良い物件を見逃してしまう恐れもあります。
また、種類によっても異なるため要注意です。
例えば、区分マンションは5.3%前後、一棟マンションは6.3%など数値が変わってきてしまうのです。
ネット上で情報収集する際は、あくまでも目安として考えなければなりません。
なぜなら、不動産投資は借り入れが大きな影響を持つからです。
融資を受けることで自己資金がなくてもリターンを増やすことができ、利回りが同じでも投資総額を大きくするとキャッシュフローが増えていきます。
低い利回りでも低金利で長期返済のローンを組むとキャッシュフローは有利になるでしょう。
投資基準として利回りの水準を見ながらトータル的に考えていくことが大切です。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ