トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の投資マンション】不動産投資の表面利回りと実質利回りをexelで計算する
【大阪の投資マンション】不動産投資の表面利回りと実質利回りをexelで計算する

計算に迷った時にお勧めの方法

 計算に迷った時にお勧めの方法
大阪で投資物件を選ぶ際に、利回りに注目して購入することが大切です。
どのように計算をすればよいのか、わからない人もいるでしょう。
表面、実質の2種類の利回りがあり、それぞれ算出しなければなりませんが、計算方法に迷った時はパソコンのexelを活用してみてください。
Mac製品はexelが入っていませんが、numbersというソフトで代用することができます。
機能的にはどちらも同じであるため、問題なく算出していくことができるでしょう。
算出する前に、表面と実質の違いについて理解しておくことも大切です。
まず、表面利回りというのは、経費を含めずに算出するもので、情報誌などにも掲載されています。
実質は経費を含めて計算するため、実際に運用した際に得られる収入に近い割合を割り出すことが可能です。
そのため、表面だけでなくしっかりと実質利回りの方も算出した上で大阪の投資物件を選ぶ必要があります。

ダウンロードして記入するだけ


 ダウンロードして記入するだけ
exelやnumbersで計算する方法は、自身で関数を記入して計算式を作り、自動的に算出される仕組みを作る必要はありません。
得意な人は、一つずつ必要な項目と関数を記入して一つのシートを作ってみるのも良いですが、難しいと感じる人もいるでしょう。
その場合は、必要な経費の項目や関数が既に記入されているシートをWEB上からダウンロードする方法がおすすめです。
exel用に作られたものもnumbersで開けるでしょう。
指定された項目に数字を当てはめていくだけで初期費用や年間の収支、融資条件、利回り、利益、その他かかるコストを知ることができます。
足りない項目があれば自分で追加することも可能です。
無料で配布されている素材を上手に活用し、効率よく算出してみてはいかがでしょうか。
また、同じ様式のシートを活用することで、大阪で複数の投資物件を所有する際も比較しやすいです。
いくつかダウンロードし、自分が使いやすいものを一つ選んでください。
記入して終わるのではなく、シミュレーションを分析してリスクを想定するなどの対策も欠かせません。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ