トップ >任意売却についてのコラム >【箕面市の投資マンション】マンション投資のメリットとデメリット
【箕面市の投資マンション】マンション投資のメリットとデメリット

表面と実質の違い

 表面と実質の違い
茨木市で不動産投資をするにあたり、物件の選び方が成功の鍵となります。
新しくて綺麗なマンションだから成功するというわけではありません。
物件を選ぶ際にポイントになるのは利回りです。
表面と実質の2種類がありますが、違いがわからないという人も多いのではないでしょうか。
不動産投資の知識がなければわからないものですが、茨木市で間違った物件を買わないために知っておく必要があります。
まず、表面利回りというのは管理費や税金などの経費を含めずに算出したものです。
一方、実質というのは表面に経費などを反映させたものです。
ぞれぞれの計算方法を知り、実際に算出した上で茨木市の投資物件を選ぶようにしましょう。

算出の仕方を知っておこう


 算出の仕方を知っておこう
表面利回りの計算方法は、年間家賃収入を購入価格で割って算出します。
これは物件情報に記載されていることが多いです。
例えば、年間家賃収入が120万円、購入額が3000万円の場合は、4.0%となります。
一方、実質利回りの計算方法は、年間家賃収入から様々な経費、手数料を引いた額を元に算出していきます。
年間家賃収入が120万円、購入額が3000万円、年間支出が20万円だとすると、120万円から20万円を引いたものを購入額で割り、さらに100をかけて算出すると3.3%という数値になります。
物件を購入する際に注目すべき種類は実質利回りの方です。
より正確な収益力を判断することができますが、表面の方は単純計算をしたものであるため、それだけを参考にして決めるのは危険です。
それを知らずに運用すると、予想とかけ離れた収入になるでしょう。
また、しっかりとシミュレーションすることが大切です。
実質利回りを算出する際に、経費の額が大幅に違うと算出される数値も大きく異なってきます。
経費には固定資産税や火災保険料、管理費、修繕費以外にも様々な手数料がかかってくるため、どのような部分にどれくらいの支出が発生するのか、把握しておかなければなりません。
初めての運用の場合は、わからないことも多いので専門家のアドバイスを聞くと、シミュレーションしやすいはずです。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ