トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の投資物件】投資物件の必要資金とは
【大阪の投資物件】投資物件の必要資金とは

建物を買う以外にもお金がかかる

 建物を買う以外にもお金がかかる
大阪で投資物件を購入しようと考えている人も多いのではないでしょうか。
大阪には不動産投資に向いているエリアや建物が多くありますが、購入する前に知っておきたいことがあります。
例えば、必要資金です。
ローンで支払う人や一括で購入する人など様々ですが、どのような人も安心して運用するために、購入する前から様々なリスクを想定し、計画を立てなければなりません。
特に、借入する場合は金利変動のリスクが増えるということを理解した上で必要資金を考えていく必要があります。
しかし、これまで投資物件を購入したことがない、運用したことがない人は、投資物件の取得費用だけに目がいきがちです。
それ以外にも手数料や税金、登記、司法書士への報酬など様々なことにお金がかかります。
総額がいくらになるのかは建物の価格や融資金額によって異なりますが、見積もりを行って必要資金について考えていきましょう。

将来の見通しも立てよう


 将来の見通しも立てよう
融資だけに頼り、購入しようと考えている人も大阪にはいるのではないでしょうか。
一括で支払うことができない人にとって、融資はとても便利な制度ですが、それだけに頼るのは危険です。
なぜなら、利息の負担が大きくなるからです。
そもそも審査に通らない可能性もあります。
物件価格の5〜10%は頭金として自己資金を準備しておくのが理想です。
貯蓄に余裕があれば金利上昇のリスクにも備えることができるでしょう。
多くの人は、投資物件を買うためのお金をどう調達するのかということに意識が向く傾向にありますが、借入をしてもしっかりローン返済の計画を立ててください。
自己資金で一括支払いをした人も、将来的に回収できるのか見通しを立てることが重要です。
また、建物は劣化していくものであるため、修繕費や修理費など突発的なお金が発生するということも忘れてはいけません。
空室が続くリスクもあるため、家賃収入が得られない時期も想定して計画を立てるべきです。
知識がなければ不動産投資は失敗する恐れがあります。
しっかりシミュレーションを立てて、準備をスタートしてみてはいかがでしょうか。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ