トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の投資マンション】投資マンションを売却する際の見極め方とは
【大阪の投資マンション】投資マンションを売却する際の見極め方とは

不動産投資の魅力は家賃収入だけではない

 不動産投資の魅力は家賃収入だけではない
大阪で投資マンションを所有している人も多いでしょう。
不動産投資は入居者がいれば家賃収入が得られますが、売却益というのもあります。
新築で購入した投資マンションも年数が経てば修繕が必要になり、入居者が減ったり空室が続いたりすることも考えられます。
いつまでも安定した家賃収入が得られるわけではないため、所有し続けるべきか売却すべきか決断しなければなりません。
また、決断をするタイミングを間違えると利益に影響を与えるため、迅速で適切な判断が求められます。
しかし、どのように判断すべきかわからない人もいるのではないでしょうか。
判断のコツを知った上で所有している大阪の投資マンションをどうするか決めてみてください。

どんな時に判断する?


 どんな時に判断する?
判断する一つの材料は、想定していた利益が得られない時です。
大阪の投資マンションを購入する際は利回りを考慮して選びますが、その通りに得られるわけではありません。
買ってみたものの想定した利回りが得られず、運用がうまくいかないこともあるはずです。
その場合は、融資の返済に影響を与えてしまう前に売却するのも一つの方法だと言えます。
中には、必要経費を抑えたりなどの工夫をすると改善されることもありますが、無理に賃貸を続けるよりも早い段階で手放した方が将来的な損失が小さくなることもあるのです。
利益を追い続けるだけでなく、損失を小さくする工夫もしましょう。
また、売却益が期待できる時は売ってしまった方がいいかもしれません。
安定的な家賃収入を得ることができなくなりますが、キャピタルゲインが期待できるタイミングで売るという戦略に切り替えるのも大切です。
売却価格がローン返済の残高を上回る時も手放す一つのタイミングです。
思ったように収益が上がらない時は思い切って売ることも検討してみてください。
他には建物の修繕が必要になる前やまとまった資金が必要な時なども決断するタイミングだと言えます。
このように判断するポイントがあります。
ポイントを抑えた上で決めたからといって成功するわけではありませんが、一つの目安として考えてみてはいかがでしょうか。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ