トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の投資物件】投資物件について初心者がしっておくポイントとは
【大阪の投資物件】投資物件について初心者がしっておくポイントとは

初心者が知っておきたいこと

 初心者が知っておきたいこと
大阪で投資物件を探している人もいるのではないでしょうか。
しかし、不動産投資の初心者はどのように選べばいいのか、注意すべきことなどわからないでしょう。
初心者が知っておくべきポイントがあります。
少しでも失敗のリスクを軽減できるように、ポイントを抑えた上で大阪で投資物件を探してみてください。
ポイントの一つは、利回りです。
表面利回りと実質利回りがあり、利用される場面が異なるため気をつけてください。
表面利回りは広告に記載されているもので、経費や税金などを計算に入れていません。
そのため、広告に記載されたものを鵜呑みにするのではなく、収益性を判断する一つの目安程度に留めておく必要があります。
もう一つの実質利回りは経費や税金、空室リスクを考慮したもので、計算式が複雑な分、経営を意識した精度の高い計算になります。
収益性を見極めるために欠かせない指標であるため、しっかり計算して判断することが大切です。

エリアと建物の状態


 エリアと建物の状態
首都圏と地方の特徴を知っておくことも重要です。
東京23区のように人口が集中しているエリアは空室リスクを抑制できるのがメリットですが、入れ替わりが激しいためお部屋の現状回復のための経費負担が大きくなるという欠点があります。
地方の場合は購入価格が安い傾向にありますが、人口が少ないエリアは空室リスクが高く投資したお金を回収できない可能性があるというのがデメリットです。
現在だけでなく今後の人口動態を考慮して検討しましょう。
新築や中古で迷うこともあるのではないでしょうか。
新築の場合は人気がありますが価格が高くなり、中古は新築に比べて人気は落ちますが価格を抑えることができます。
人気と費用のバランスを考え、総合的に判断してください。
建物が新しく短期間しか人が住んでいない中古もあるため、築年数を確認することも重要です。
このように初心者が知っておきたいポイントがあります。
これらを抑えて大阪の投資物件を選んだからといって必ず成功するというわけではありませんが、失敗しないための一つの準備として、購入する前に知識を身につけておくことが大切です。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ