トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の投資マンション】リノベーション投資で知っておきたいポイントとは
【大阪の投資マンション】リノベーション投資で知っておきたいポイントとは

リフォームとの違い

 リフォームとの違い
最近ではリノベーションをして不動産投資を行う人が増えてきました。
新築は価格が高いため、安い中古を購入して時代のニーズに合った物件に変えた方がコスト面でも魅力的に思えるでしょう。
古い建物が魅力のある物件に変えることができれば高収益が目指せますが、誰でも成功するわけではありません。
これから大阪で投資マンションを購入してリノベーションしようと考えている人は、最低限の知識やポイントを身につけておくことが大切です。
まず、最初に抑えておくべきことはリフォームとの違いです。
どちらも大幅に内装を変えたり、設備を買い替えるため、意味を混同させてしまっている人もいるでしょう。
しかし、リフォームは老朽化によって破損や汚損した部分や機能が低下したところを改修する行為のことです。
元に戻す作業をするのがリフォームですが、リノベーションは元の状態に戻すのではなく新たに加える改修工事のことを言います。
入居者のニーズを知った上で、それに対応できる投資マンションを作り上げることが大切なポイントです。

制限には要注意


 制限には要注意
投資マンションがリノベーションできるのは専有部分のみです。
間取りは専有部分であれば変更することができますが、建物の構造に影響を受けるため、できないこともあります。
キッチンやトイレなどを移動するときは配管の位置も考慮しなければなりません。
さらにそれぞれの投資マンションには管理規約があり、制限されていることもあるため必ず確認した上で購入するようにしましょう。
また、水回りの配置を変えたり、フローリングや壁紙を張り替えたりするだけでは魅力的な物件にはなりません。
ニーズを捉えたデザインや機能性が備わっているリノベーションを行い、競合との差別化をすることがポイントです。
このように気をつけなければならないこととポイントがあります。
これらを意識したからといって成功するわけではありませんが、参考にしてみてはいかがでしょうか。
リノベーションを前提に物件を購入するのであれば、あらかじめ内装や間取り、配管なども調べた上で選ぶようにしましょう。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ