トップ >任意売却についてのコラム >【茨木市の投資物件】稼げる物件の見分け方とは
【茨木市の投資物件】稼げる物件の見分け方とは

新築がお勧め

 新築がお勧め
茨木市で不動産投資を始める際、投資物件の選び方が重要です。
なぜなら、大阪は不動産投資に向いている地域がありますが、全ての不動産が稼げるとは言えないからです。
選択を間違えると失敗する可能性もあります。
空室が続き、収入が得られなければローンを返すことも難しくなり、任意売却や競売で手放すことになるかもしれません。
そうならないように稼げる投資物件の選び方を知っておきましょう。
ポイントは物件の価値です。
価値は築年数が関係してきますが、将来的に必要になる修繕についても考慮する必要があります。
同じ立地のケースでは、中古よりも新築の方が入居者に人気があるため空室率が低くなり、収入が高くなる傾向にあります。
一方、築年数が古いものは経年劣化に対応していくために修繕が必要になり、支出が多くなってしまうのです。
古いほど修繕費が増え、設備や内装面でも時代のニーズに対応していくために、投資が必要になるケースがあるということも知っておかなければなりません。
また、初心者は中古よりも新築がお勧めです。
将来かかるコストが安く抑えられ、金融機関からも好条件で融資が受けられる可能性があるからです。

リスクとのバランスも重要


 リスクとのバランスも重要
稼げる投資物件がありますが、リスクとのバランスも考えた上で選ぶことが大切です。
収益物件は住居、オフィス、テナントなどの種類があります。
表面利回りだけで見るとテナントの収益性が高いですが、その分リスクも高い傾向にあります。
一つの契約に対する収益性は大きくても、業種によって合わないテナントもあり、空室時には入居事業者が見つかりにくいのです。
そのため、収入が大幅に下がってしまう可能性があります。
一方、個人が利用する住居は収益性の高さは低いですが、リスクも低いです。
需要が多く空室ができても埋まりやすいでしょう。
また、家賃の設定額が低いため、一室空いてしまう期間が発生しても、それほど収入に与える影響が少ないです。
しかし、一室から得られる収益性が低いため、稼げる額はテナントと比較すると少なくなります。
このように稼ぐことだけを意識せず、リスクとのバランスを見てから判断することが大切です。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ