トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の投資マンション】やめたくなる原因と回避策について
【大阪の投資マンション】やめたくなる原因と回避策について

途中でやめたくなることもある?

 途中でやめたくなることもある?
大阪で投資マンションを購入したけど、途中でやめたくなった人も少なくありません。
これから大阪で投資マンションの購入を考えている人は、なぜ途中でやめたくなるのか、その原因と回避策を知った上で始めることが大切です。
原因の一つは、見込み違いで利益が出なかったことが挙げられます。
高い利回りが得られると思って始めたのに、あまり利益が出ずに、やめてしまう人が多いです。
利益が出ない理由も様々ですが、経営難に陥る大きな要因は税金と維持費でしょう。
一等所有や中古物件では収入は変化しないのにも関わらず、二年目以降に支払う税金が高くなり、予想もしていなかった経営難に陥ってしまう人がいます。
所得税の控除額が減り、所得税が増えると住民税の支払額も増えます。
一年目はキャッシュフローがプラスになって順調に進むはずですが、二年目は変わってくることを事前に知っておくことが、やめないための回避策になります。
維持費については、いずれ大規模な修繕工事をしなければならないため、点検スケジュールを立てて、必要なコストを把握しておくことが大切です。

しっかり分析をして改善しよう


 しっかり分析をして改善しよう
空室が続いたり、広告費が多額になったりすることによって、やめたくなる人も多いようです。
空室が続くと利益が生み出せないため、避けなければならない事態ですが、広告だけに力を入れて宣伝をしている人もいるでしょう。
しかし、空室が続く理由は宣伝力ではないかもしれません。
例えば、家賃が相場よりも高い、設備が古いなどです。
これらは改善できることであるため、しっかり分析をした上で改善していく必要があります。
入居者が増えない理由を分析しないまま広告費にお金をかけても負担が増えるだけです。
そもそも購入した物件の立地が悪いことや、ニーズがあまりない場合は入居者を増やすのは困難であるため、これから購入をする人は賃貸需要のある人気のエリアを見極めてください。
また、管理会社の選び方も重要です。
いい物件でも管理会社に力がなければ、その物件のパフォーマンス力も落ちてしまうからです。
このような原因と回避策を知った上で大阪の投資マンションを購入してみてはいかがでしょうか。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ