トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の投資マンション】マンション経営が老後対策に最適な理由とは
【大阪の投資マンション】マンション経営が老後対策に最適な理由とは

なぜ老後対策になるのか

 なぜ老後対策になるのか
老後対策として投資マンションを購入しようと思っている人たちも大阪にいるのではないでしょうか。
投資マンションを老後対策に購入する最適な理由があります。
一つは、家賃収入が得られるため、年金では賄えない生活を補うことができることです。
ゆとりのある生活を送るためには、夫婦2人で35万円ほどの生活費が必要だと言われており、年金以外に10万円ほど家賃収入を得ることができれば、生活に余裕が生まれるかもしれません。
安定した生活を手に入れることができるでしょう。
生命保険代わりになることも理由として挙げられます。
なぜなら、投資マンション購入時にローンを契約しますが、その際に団体信用生命保険に加入することができるからです。
ローンを完済する前に亡くなったり、生活に影響を与えるほどの障害を持ったりした時、残債を保険会社が肩代わりしてくれるため、契約者の家族はローンの返済をする必要がなく、これまでと変わらずに家賃収入を受け取ることができます。
家族に財産を残せるのは大きなメリットと言えるでしょう。

ローンも利用しやすい

ローンも利用しやすい
手元に資金がない場合は、老後対策をしたくてもできないと思っている人が多いでしょう。
しかし、融資を受けることができれば少ない自己資金で始めることができます。
賃貸需要が安定している都心部のワンルームマンションは、長期収入が見込めるため金融機関も融資しやすいです。
大阪の都市部も需要は安定していますが、1棟アパートやマンションに対しては不正融資問題によってローンが利用しにくくなっているため注意してください。
また、条件には年収基準があり、500万を基準としている金融機関が増えてきているため、確認が必要です。
他には相続税評価額が3分の1ほどに圧縮できることも理由として挙げられます。
財産を現金での保有と不動産での保有は、相続税評価額が異なり、不動産で残した場合には負担が軽くなるのです。
しかし、所得税の節税を目的にすると失敗する恐れがあるため気をつけなければなりません。
このように老後対策になるため、大阪で不動産投資をしてみてはいかがでしょうか。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ