トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の投資マンション】空室物件が解決した事例とは
【大阪の投資マンション】空室物件が解決した事例とは

失敗することもある


 失敗することもある


大阪に投資マンションを購入した人や、これから購入しようと考えている人もいるのではないでしょうか。
関西に住んでいる人の場合、都心で始めるのであれば大阪が視野に入るはずです。
大阪の都心部へ若年層の流入や駅の再開発が進み、地価が安定しているといったメリットがあります。
しかし、必ずしも成功するというわけではありません。
空室が続けば収入がなく、手放さなければならないこともあるはずです。
実際に入居者が途切れることが多いことや、全く希望者が現れない場合には、頭を抱えている人もいるでしょう。
どの投資マンションにも空室リスクはありますが、工夫次第で解決することもできます。
解決した事例を知り、不動産投資を失敗のまま終わらせないようにしましょう。

事例と解決の仕方



 事例と解決の仕方


デザインだけを重視し、設備の使い勝手が悪い物件を購入してしまったという失敗事例があります。
外見や内装が綺麗でオシャレだと人気があるように思えますが、設備や立地など住みにくいと感じると人気は一気になくなります。
できるのであればオシャレなところに住みたいと思う人も多いですが、住み心地が悪ければ、選ばれずに空室が続く可能性があるため注意しなければなりません。
この問題を解決するための方法は、実際に生活することを想定して使い勝手の良い設備を導入することです。
導入費用はかかってしまいますが、入居者がいつまでも決まらない状態が続くよりは、お金をかけてでも設備を見直した方がいいでしょう。
特に無料インターネットは人気があるため取り入れたい設備です。
投資マンションをリフォームしたり、リノベーションしたりする際にも、よくありがちな失敗事例があります。
それは、費用を気にして中途半端に仕上げてしまうことです。
例えば、水回りだけ綺麗にする、床だけ張り替えるなどです。
出来るだけお金をかけたくないものですが、中途半端に終わらないようにクオリティーを下げてでも予算内で仕上がり度の高さを意識する必要があります。
工夫次第で今後の入居希望者を増やすことは可能であるため、方法を見直してみてはいかがでしょうか。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ