トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】銀行に任意売却を断られたときには
【大阪の任意売却】銀行に任意売却を断られたときには

《大切なのは交渉》


《大切なのは交渉》


住宅ローンの支払いができなくなったとき、競売で手放すよりも任意売却で自宅を手放したいという人が多いのではないでしょうか。
しかし、一般的な売買ではないため、成功させるためには銀行との交渉が重要なポイントになります。
任意売却は勝手な判断で手続きをしていくことができません。
マイホームの残債を完済できないけれど、売却するには借入先である金融機関の承諾が必要であるからです。
ローンの返済ができない中で債権者に抵当権を抹消してもらわなければなりませんが、それは簡単なことではありません。
では、どのように認めて貰えばよいのでしょうか。
滞納を続けていれば、いずれ競売に進み、強制的に追い出されることになりますが、市場価格で取引できないのが一般的です。
安価で取引されるのは契約者だけでなく、債権者としても好ましくないため、双方のためになるということをアピールして認めてもらう必要があります。

《気をつけたいポイント》



《気をつけたいポイント》


取引価格も銀行との交渉で重要になってきます。
市場価格と大きな差が生じることがないように、金融機関と話し合って調整していかなければなりません。
また、ローンだけでなく税金を滞納してしまっている人は税務署や役所にも交渉しにいく必要があります。
簡単なことではないため、専門家に相談しながら進めていきましょう。
既に銀行から断られてしまったという人もいるのではないでしょうか。
その一つの原因が依頼した業者が専門ではないというケースが挙げられます。
特殊性のある取引であるため、一般的な不動産会社では対処できません。
金融機関への話し合いについても経験不足、知識不足から的確なアドバイスができず、失敗に終わる可能性があります。
成功率を上げるためにも任意売却を専門とした業者に依頼してください。
また、借入先から勧められた業者にも注意しましょう。
借入先の都合が良いように話が進み、依頼主が得られるメリットや利益が小さくなる可能性があるからです。
できるだけスムーズに、早く解決したいものですが、自分が信頼できるところを探し慎重に選ぶことが重要です。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ