トップ >任意売却についてのコラム >不動産投資で失敗したら、任意売却でカバーしよう
不動産投資で失敗したら、任意売却でカバーしよう

ミドルリスクだけどうまくいかない時がある


ミドルリスクだけどうまくいかない時がある


不動産投資は株式やFXなどと比べると毎月安定した家賃収入が得られます。
ミドルリスクでロングリターンと言われており、比較的始めやすい種類だとされています。
しかし、すべての人たちが成功するというわけではありません。
不動産投資が成功しないということは、ローン返済に失敗するということです。
失敗には4つのパターンがあるとされており、その一つが購入した物件の評価額を超える融資を受けてしまったときです。
評価額の低い物件を多額の融資を受けて購入しなければ、毎月の返済に困ることはありません。
しかし、収益のために所有する建物の融資は、購入者の返済能力よりも物件の価値や収益性が審査の対象になる傾向にあります。
また、自己資金以上の不動産投資を行うパターンも危険です。
利回りが悪化することを考えていなければ、急激な変動に対応できずローンが返せなくなることがあります。
他には、管理するために必要な経費を考えていないことや、サブリース契約を過信したことが原因でうまくいかないパターンもあります。
多くの人は成功させるための方法を考えますが、失敗したときの対処法も考えておくことが大切です。

おすすめの対処法



おすすめの対処法


不動産投資がうまくいかず、ローンが返せなくなったときの対処法の一つは、任意売却です。
経営のノウハウを身につけ、他の方法で自己資金を集めることも可能ですが、滞納を続けていると競売にかけられます。
督促状が届き、裁判所で手続きが開始すると自己資金を集めることや、空室が埋まるまで待ってはくれません。
任意売却は入札されるまでのタイムリミットがあるということを知った上で、準備をしていくことが大切なのです。
任意売却のメリットは、市場価格に近い値段で売ることができることや、手元から持ち出す費用が不要になることです。
競売と比較してもメリットがありますが、準備のタイミングが遅いとうまくいきません。
融資を受けた金融機関にも交渉して承諾を得る必要があり、1ヶ月ほどかかる場合があります。
専門業者が交渉や手続きをしてくれますが、時間に余裕がないと途中で競売が始まるため注意が必要です。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ