トップ >任意売却についてのコラム >不動産投資物件の任意売却について
不動産投資物件の任意売却について

早い段階で区切りをつけよう


早い段階で区切りをつけよう


不動産投資のために物件を購入した人もいるでしょう。
多くの人は一括で購入することができず、ローンを組みます。
不動産投資がうまくいけば、ローンの支払いもスムーズに進み完済できる可能性が高いですが、失敗するケースも少なくありません。
滞納は毎月の収入が返済額を上回った時ですが、通常であれば賃料収入が得られるため返していけるはずです。
しかし、物件の評価額を超える融資額を受けて購入すると、賃料を得ても返していけなくなることがあります。
賃料を上げれば解決するケースもありますが、立地や条件に相応しくない料金に設定すると誰も借りたいと思いません。
このような状況に陥らないように、不動産投資をするときは物件の価格が適正なのか、空室期間があってもローンを返していけるかなど冷静に判断することが大切です。
それを知らずに失敗し、現在、返済が滞っている人もいるのではないでしょうか。
その場合は、早い段階で区切りをつけて任意売却をしましょう。

自宅の場合と同様の方法でできる



自宅の場合と同様の方法でできる


自宅のローンが返せなくなり、競売ではなく任意売却を選ぶ人がいます。
投資用でも同じ方法で手放すことが可能です。
競売は強制的に追い出される形になり、多額の残債が残るため、おすすめできません。
なぜなら、市場価格よりも安い値段で購入されるからです。
任意売却であれば市場価格に近い値段で取引できる可能性がたかくなります。
また、この場合は自宅ではないため引っ越しなどは不要になりますが、引っ越し代まで援助してくれるケースもあるのです。
空室が埋まるのを待ちたいものですが、督促状が届いて競りが開始すると裁判所は待ってくれません。
そのため、返済が難しくなってきたと感じた時から専門業者を探し、相談し始めましょう。
事前準備ができていれば、督促状が届いても慌てずに対処していけます。
しかし、債権者の同意がなければ手続きしていけないため、専門業者の交渉力が重要なポイントになってきます。
スムーズに話を進めていくためにも、専門業者は慎重に選んでください。
実際に投資用の事例があるところにお願いすると、成功率は高くなるでしょう。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ