トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】任意売却における弁護士の必要性について
【大阪の任意売却】任意売却における弁護士の必要性について

専門家はいる?いらない?


専門家はいる?いらない?


マイホームの住宅ローンが払えなくなり、任意売却をしようと考えている人もいるでしょう。
しかし、何度も経験することではないため、誰に依頼するべきかわからないものです。
家のことだから不動産業者なのか、お金のことが関わってくるから弁護士なのかなど、迷うのではないでしょうか。
任意売却は一般的な不動産売却とは異なり、金融機関や裁判所へ提出する書類を作成したり、債務者や債権者と調整したりしなければなりません。
そのため、専門業者に依頼した方がスムーズです。
また、基本的には弁護士は必要ありません。
法律の知識が必要な場合もありますが、弁護士は通常登場しません。
しかし、借金が多すぎる場合は債務を整理するために、相談が必要になるケースもあります。
任意整理や個人再生、自己破産などの手段を使って整理をしなければならない人は、依頼費もかかるため注意してください。
住宅ローンの残債がそれほど多くなく、自力で返済ができ、任意売却によって完済できそうであれば、相談も不要です。

どんな時に相談するのか



どんな時に相談するのか

任意整理や個人再生、自己破産などよくわからない人もいるでしょう。
まず、任意整理とは司法書士や弁護士などの専門家が債権者に代理で交渉して、返済額や方法を変えることを言います。
自身で行うこともできますが、専門知識が必要になるため成功率に影響を与えます。
成功率を高めたいのであれば、専門家に代理をお願いした方が良いでしょう。
個人再生は、住宅ローン以外の多額にある借金の返済が難しいときに選択する手法です。
減額をする目的がありますが、裁判所を通さなければなりません。
これも法律の知識が必要になるため、素人だけで解決するのは難しいでしょう。
自己破産は、住宅ローンを完済することが不可能な場合に救済措置として、家だけでなく車や有価証券、貴金属などの財産を全て手放して経済的再生の機会を与えてもらうことです。
借金もなくなりますが、連帯保証人がいる場合は、自分に代わって保証人に返済義務がうつります。
勝手に決めてしまうと迷惑がかかるため、保証人と一緒にどうするべきかを専門家に相談しましょう。
この3つは任意売却とあまり関係がありませんが、専門家に依頼しなければならないケースがあるということも知っておくことが大切です。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ