トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】任意売却をする上で知っておきたい知識とは
【大阪の任意売却】任意売却をする上で知っておきたい知識とは

知っておきたいこと


知っておきたいこと


任意売却をしようと決断した時、専門業者に全て任せれば成功するものだと思っている人もいるのではないでしょうか。
状況を伝えると最善の方法を考えてくれますが、全て丸投げするのではなく、最低限の知識は身につけておいた方が良いでしょう。
例えば、債権者が求めてくるハンコ代の知識です。
これは債権者が複数いるときに発生するもので、二番抵当権者以降の債権者へ配分する意味があります。
別名、担保解除料と言われており、任意売却するときは土地と建物を担保に取っている抵当権を抹消しなければなりません。
抹消方法は登記簿謄本に記載されている抵当権の部分を削除するだけですが、それにはお金を貸している人の判子が必要なのです。
判子を押した書類を法務局へ届け出ると抹消されますが、判子を押してもらう代金のことをハンコ代と言います。

なぜ必要なのか



なぜ必要なのか

ハンコ代の金額設定には決まりがありませんが、相場があります。
二番抵当権者は30万円または残元金1割のどちらか低い方、三番は20万円か残元金1割の低い方、四番は10万円または残元金1割の低い方です。
印を押すだけなのになぜ、10万円以上を支払わなければならないのか疑問に思うでしょう。
住宅ローンを支払うことができず、任意売却をするのに高い額を支払うことに納得ができない人もいるはずです。
しかし、単純に印を押してもらうための費用ではなく、債権回収額なのです。
売却が完了した後は、それぞれに配分していきますが、その方法は話し合いで決めるのが一般的だとされています。
後順位になる程、抹消することに非協力的になることがありますが、協力してもらわなければ任意売却は終わりません。
協力して欲しかったらハンコ代を払って欲しいと要求されるのです。
しかし、債権者が一人しかいない場合や、複数いても債務額以上で取引が成功した場合は、発生しません。
競売の場合はルールが決まっており、抵当権の順番が早い人ほど優先されます。
他にも身につけておくべき知識がたくさんあります。
知らなかったでは済まされないため、ある程度は自身で調べ、わからないことがあれば専門業者に聞くようにしましょう。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ