トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】任意売却の詐欺にはどのようなものがあるのか
【大阪の任意売却】任意売却の詐欺にはどのようなものがあるのか

弱みに付け込んでくる悪質な会社がある


弱みに付け込んでくる悪質な会社がある


任意売却を専門に扱っている業者がたくさんありますが、中には悪徳業者もいます。
住宅ローンが支払えなくなり、マイホームを手放さなければならない状況に陥っているのにも関わらず、その弱みに付け込んでくるのは大変悪質です。
悪徳業者に引っかからないように、任意売却における詐欺について知っておきましょう。
よくある詐欺の一つは、高く売れると嘘をついて誘いこむケースです。
実際に高く売れることもありますが、何を根拠にして高く売れると誘ってくるのでしょうか。
状況を説明し、何度も相談をしながら計画を立てていけば成功することもありますが、単にお金に困っている人たちを引っ掛けるための口実であれば要注意です。
競売よりも高い金額が設定されることも少なくありませんが、事前にマイホーム周辺の物件がどれくらいの価格で取引されているのかを確認してください。

こんなことをアピールするところは注意



こんなことをアピールするところは注意

引っ越し代が必ず出るという嘘にも注意しなければなりません。
基本的に引っ越し代は債権者との話し合いで決まります。
知識と経験がある優良会社であれば、うまく話を進めてくれることもありますが、全ての場合に引っ越し代が出るわけではないのです。
中には最初から100万円出します、と話を持ちかけてくるところもあります。
しかし、ローンの残高や取引価格、債権者、債務者の状態によって、引っ越し代が出るかどうかが決まるのです。
契約前から必ず費用を出しますというところは避けたほうが良いでしょう。
そのような業者は、最初の誘い文句だけで最終的に出せません、と言う可能性があります。
残債の返済が楽という嘘にも引っかかってはいけません。
任意売却後に残った残債の返済を減らすことは可能です。
しかし、その交渉は債務者自身でもできることであり、自社に任せてくれたら減額ができるとアピールしてくる会社は、ただの誘い文句であるかもしれません。
誰でもできるということを得意げに言っているだけであるため、それだけで契約をしないようにしてください。
このような詐欺に引っかからないように、しっかりと見極めて信頼できる会社に相談することが大切です。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ