トップ >任意売却についてのコラム >【大阪の任意売却】任意売却を行う前に準備しておくこととは
【大阪の任意売却】任意売却を行う前に準備しておくこととは

はじめにすること


はじめにすること


マイホームの住宅ローンを払えなくなる可能性がある人もいるのではないでしょうか。
まだ決まっていないのであれば、完済できる対策を考えたいものですが、万が一、滞納するようなことになれば、いずれ強制的にマイホームを手放すことになります。
そのため、滞納の可能性がある時点で様々な準備をしていくことが大切です。
例えば、任意売却の準備です。
競売よりもメリットがあるとされていますが、状況が悪ければ失敗に終わることも少なくありません。
できる限り自分の要望に沿った形でマイホームを手放せるように、どんな準備が必要なのか知っておきましょう。
一つは、物件の査定です。
残っている住宅ローンよりも価格が高いか、低いかで今後の対策が異なります。
一段階として、お家の査定をしてください。
残高は銀行から証明書を取得すると確認できます。
残高よりも売却価格が高ければ成功する可能性が高いため、少しでも高く売れるようにする必要があります。
反対に残高よりも下回る場合は、任意売却後に残債をどう返済していくかを考えなければなりません。
専門業者と相談しながら、解決方法を考えていきましょう。

競売が始まる前に



競売が始まる前に

リスケジュールも検討しましょう。
これは一時的に返済期間を延長できるもので、毎月の返済額を減らすことができます。
実行された後は収入を増やさなければなりませんが、リスケジュールをしても完済が無理だと判断したら、債権者に任意売却を相談するのが一般的な流れです。
リスケジュールをせずに、マイホームを手放すと決断したら早めに申し出てください。
半年も滞納が続けば競売の通知が届き、入札へと進んでいきます。
入札されると強制的に退去となり、取り下げができません。
しかし、入札前に任意売却が成功すれば取り下げは可能です。
タイムリミットがあるということを理解した上で、早めの行動を心がけましょう。
場合によっては、自宅に住み続けることができます。
どんな方法が最善なのかも専門業者と相談しながら考えていくと、自分の要望に沿った形で進めていくことができるはずです。
まずは相談してみてはいかがでしょうか。

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

コラム一覧

 

ページTOPへ