トップ >任意売却についてのコラム >ゴミ屋敷の任意売却について
ゴミ屋敷の任意売却について

ゴミ屋敷が競売になる前に


ゴミ屋敷が競売になる前に

ゴミが捨てられず、自宅がゴミ屋敷になってしまったという人もいるのではないでしょうか。
ゴミ屋敷を売却したいという人もいるはずです。
ゴミ屋敷に限らず、一般的な家の任意売却でもゴミはトラブルの原因となります。
任意売却で注意しなければならないことは、引き渡しのときです。
わずかなゴミでも残っていると、どう処分するのかが問題になるでしょう。
ゴミ屋敷は、ゴミの処分費用が発生するため、物件の価値を下げてしまいます。
様々な理由で、住宅ローンの滞納、税金の滞納している状態であれば、自宅が競売になることも少なくありません。
競売は、任意売却と比較して返済額が多くなる傾向にあります。
任意売却価格と比べ、20%〜40%低くなってしまうケースが多く、その分債務が残ってしまうのです。
また、転居先が見つかっていない場合でも、落札されると強制的に物件を渡さなければならず、引越し費用など基本的に全て負担しなければなりません。
立ち退き費用の交渉も自分ですることになります。
そのため、ゴミ屋敷が競売になる前に、任意売却をしたいと考える人も多いです。
ゴミ屋敷の任意売却は簡単なことではありませんが、不可能ではありません。

ゴミ屋敷も任意売却ができるのか


ゴミ屋敷も任意売却ができるのか

ゴミ屋敷を綺麗に片付ける費用がない場合は、買主の費用でゴミを処分してもらう必要があります。
購入希望者がいても、住宅ローンと税金の全額返済をしなければ、差し押さえが解除できないこともあるでしょう。
債権者や市役所の承認が得られず、さらにゴミの処分費用がネックとなり、任意売却の話が進まないことがあります。
銀行の承認が得られない場合は、実際にゴミ屋敷を見てもらい、競売になったとしても入札数や金額が伸びない可能性を理解してもらうと、任意売却の条件を少し緩和してくれるかもしれません。
開札までの期間に買主をみつけることができると、銀行が要求する債務や税金の滞納を全額納付することができるでしょう。
実際に、ゴミ屋敷でも任意売却ができたケースもあるのです。
どんなゴミ屋敷でも、任意売却ができるというわけではありませんが、可能性が全くないということでもありません。


コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ