トップ >任意売却についてのコラム >任意売却における引越しについて
任意売却における引越しについて

任意売却後の引越しについて


任意売却後の引越しについて

任意売却を検討している人の中には、任意売却後の引越しについて気になっている人もいるのではないでしょうか。
任意売却後の引越しまでの期間は競売と比較すると、短い傾向にあります。
通常、売却活動を始め、購入申し込みが入ってから、数ヶ月程度で引越しをしなければなりません。
3ヶ月から6ヶ月程度で引越しすることになりますが、購入申し込み者が現れない場合、もっと期間が延びます。
場合によっては1年以上待つこともあるでしょう。
逆に、期間が短いケースもあります。
短い場合は数週間で引っ越すこともあり、引越しまでの時間に関しては、仲介する任意売却の業者が日程調整を行うため、安心です。
しかし、そのときの状況や当事者の事情によって大きく変化します。
購入希望者の希望によって、すぐに引越しをしなければならないことがあるということも考えておかなければなりません。

引越しのことだけを考えて選択してはいけない


引越しのことだけを考えて選択してはいけない

任意売却における引越しは、スムーズに行う方が心理的な面でも負担が軽くなるのではないでしょうか。
引越し後の新しい生活を始めるにあたって、自分の意思で再スタートの期日が決められるのも任意売却のメリットです。
競売の場合は、売却が正式に決定されるのは競売の開札期日後となり、売却許可決定が裁判所によってなされた期日となります。
競売における引越し期日の目安は、競売決定開始の通知があってから約5ヶ月から6ヶ月、地方裁判所であれば7ヶ月から8ヶ月後です。
買受人が見つかるまでの間、住み続けられるといった気持ちを持つ人も少なくありません。
そのため、行動が受動的になってしまいます。
引越しのことだけを考えて、競売を選択するのは最適な選択とは言えないでしょう。
任意売却を選択し、主体的に行動することを選んでみてはいかがでしょうか。
任意売却の手順や流れを把握し、検討することが大切です。
また、任意売却を検討している人は、いつでも引越しができるように心構えと、準備が必要になります。
様々な手続きや心の整理が必要になり、スムーズにいかないことがありますが、任意売却を決めたと同時に引越しの準備も進めていきましょう。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ