トップ >任意売却についてのコラム >任意売却と自己破産のタイミングについて
任意売却と自己破産のタイミングについて

重要な自己破産と任意売却のタイミング


重要な自己破産と任意売却のタイミング

自己破産と任意売却のタイミングは非常に重要です。
自己破産と任意売却を行うタイミングによって、負担する費用を軽減することができます。
一般的には、自己破産の前に任意売却を行う方が良いとされています。
自己破産の前に任意売却をするメリットについて知っておきましょう。
メリットの一つは、裁判所にかかる費用が安くなることが挙げられます。
財産を保持している状態で自己破産をすると、裁判所や弁護士に支払う費用が必要ですが、財産を持っていない状態であれば裁判所に支払う予納金や弁護士の依頼費用をカットすることが可能なのです。
予納金は最低でも20万円から50万円程度必要になりますが、自己破産の前に任意売却で資産を手放すと同時廃止事件として処理されます。
同時廃止事件であれば、裁判所の費用は数万円で済むでしょう。
また、弁護士費用に関しても最低20万円ほど変わってきます。

基本的には自己破産の前に任意売却をした方が良い


基本的には自己破産の前に任意売却をした方が良い

引っ越しをする場合も、任意売却を先に行っていた方がメリットはあります。
任意売却の代金は、債権者への返済に充てられますが、自己破産の前に任意売却をすると引っ越し代金を負担してもらえる可能性があるのです。
これは債権者との交渉次第ですが、10万円から20万円の引っ越し費用を負担してもらえるかもしれません。
引っ越しのタイミングを早めると、自己破産後の計画も立てやすくなるでしょう。
滞納している税金も支払うことができます。
任意売却の手続き費用は債権者が持ち、さらに売却代金の一部を滞納している税金の返済に充てられる可能性があります。
しかし、滞納している税金の額があまりにも大きい場合には、債権者が任意売却を認めないケースがあるため、注意しなければなりません。
滞納している税金が大きい場合は、自己破産をしたあとに任意売却をした方が、債権者と返済についての話し合いがスムーズに進む場合があります。
債権者の合意を得て任意売却をしましょう。
自己破産と任意売却のタイミングをしっかり把握し、どちらの方だとメリットが大きいのか、少しでも有利になる方法を考えていなければなりません。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ