トップ >任意売却についてのコラム >融資住宅の任意売却とは
融資住宅の任意売却とは

融資住宅のマイホームとは


融資住宅のマイホームとは

世の中では一括で住宅の購入をできる人もいますが、多くの人は融資を受けて住宅ローンを組み、返済を続けています。
融資にもいろいろな種類があり、公的融資、民間融資などがあります。
公的な融資住宅は、財形住宅融資と自治体融資に分かれているのです。
財形住宅融資の場合は、勤務先で財形貯蓄を1年以上継続していることや50万円以上の貯蓄があることなどが条件として挙げられています。
一方地方自治体による融資住宅の場合は、各自治体によって融資内容が異なります。
融資を受けて住宅を購入する場合には、ライフプランをしっかりと立てて、返済が滞ることのないようプランを進めていくことが重要です。
しかし、融資住宅に住みながらローンの返済が難しくなるケースも当然あります。
そのような場合に、どのような手続きが必要なのかを知っておきましょう。

業者を見つけて融資住宅を任意売却する


業者を見つけて融資住宅を任意売却する

融資住宅に住んでいて、ローンの返済が難しくなった場合には、対処方法として任意売却を考える必要があるでしょう。
ローンの返済を滞っていると、裁判所の強制的な競売に住宅がかけられ、物件を手放さなければならない可能性もあるのです。
任意売却は、債権者からの申し立てがなされて行われるものですが、債権者が申し立ての手続きを始める前に話し合うことが賢明です。
債権者が申し立ての手続きをしてからでは、申し立てを取り下げてもらうなどの手続きが必要になるからです。
融資住宅を任意売却して、新しい生活を送るためには、信頼できる業者を選ぶことが、とても重要です。
様々な物件の任意売却の手続きに熟練した仲介業者を選ぶ必要があります。
仲介業者を選ぶ際には、なるべく任意売却を専門で扱っている仲介業者が選ぶようにしましょう。
各種手続きや物件の引き渡しまでしっかりとサポートしてくれる仲介業者を見つける必要がありますので、複数の不動産業者を候補にあげることがおすすめです。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ