トップ >任意売却についてのコラム >競売甲立後でも任意売却はできる?
競売甲立後でも任意売却はできる?

競売申立後には何もできないのか


競売申立後には何もできないのか

住宅ローンが返済できなくなっている方は、債権者が競売申立をする前にしっかりと返済について協議をして、今後の方向性を決めていくことが賢明です。
しかし、実際には競売申立後に初めて重い腰を上げて動き始める債務者の方たちも多いのが現実です。
債権者側は、競売申立のために、様々な手続きや費用を費やしているので、債務者側の気持ちは考慮されません。
実際に競売申立後に協議を始めると、債権者の気持ちを和めるのも大変ですので、基本的にはローンの支払いが難しくなり、督促状や催告書が送られてきた段階できちんと債権者に誠意ある対応をすることが大切です。
しかし競売申立後に、申し立てを取り下げてもらうことも不可能ではありません。
申し立てを取り下げてもらうことが可能とはいえ、債務者側の対応が遅くなれば遅くなるほど競売を回避するのは難しくなり、実際に競売が開始されてしまうという状況になってしまうかもしれません。

信頼できる業者を見つけて手続きしましょう


信頼できる業者を見つけて手続きしましょう

債権者の競売申立後に任意売却の承諾が得られ、手続きを始めることが可能になるケースもあります。
実際にも競売申立後に不動産業者が債務者の自宅を訪問し、最終的に任意売却で納められたということもあるのです。
競売申立後に実際に競売が開始されるまでの期間は4ヶ月から6カ月くらいが一般的です。
このような期限を考えると、可能な限り早く、できれば競売申立の前に任意売却の手続きを進めていくことが望ましいといえます。
自宅が競売にかけられてしまうのと、任意売却するのとでは大きく異なり、認識している人は、住宅ローンの返済が滞り始めた時点で、債権者と話し合いを開始する方も多いです。
早い段階で自宅の任意売却をするために不動産業者の選定を始める方もいます。
まだ話し合いが可能なうちに、信頼できる不動産業者を見つけて手続を開始し、任意売却後の生活に向けて準備することが大切です。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ