トップ >任意売却についてのコラム >競売甲立前の任意売却とは
競売甲立前の任意売却とは

住宅ローンの返済が難しくなった場合


住宅ローンの返済が難しくなった場合

住宅ローンの返済が難しくなり、支払いが滞ってしまうと、債権者が裁判所に競売申立を行い、物件が競売にかけられてしまいます。
実際に競売が始まると、話が進んでしまい、自分たちに有利な条件で進めることが難しくなります。
そのため、競売を避けるために競売申立前に任意売却などの方法をとって、自宅が競売にかけられないように事を運んでいく必要があります。
債務者が自宅を競売にかけられたことを認識するのは、裁判所から競売開始決定通知が送付された時です。
債務者にとっては、気づいたときには競売に向けて話がかなり進んでしまっているという事態になりかねません。
住宅ローンの返済等が滞り、支払いが難しくなっている時点で、競売申立前の債権者と協議を始めるのが良いでしょう。

競売申立前に任意売却をするメリット


競売申立前に任意売却をするメリット

住宅ローンの返済が滞り、支払い状況の改善が見込めない人もいるでしょう
住宅ローンの滞納をしていると、やがて債権者は裁判所に競売申立を行うことになります。
競売申立が行われると、あとは期間入札、落札者の決定、退去と話が進んでいきます。
債権者は最後の手段として裁判所に競売申立を行わざるをえないということになります。
競売を避けたいのであれば、競売申立前に任意売却を考えましょう。
任意売却は、競売申立前に協議を始めることで、時間的にも待ってもらえる部分が生じます。
また、裁判所の決定にも左右されずに協議を行うことができるでしょう。
周囲の人たちに知られずに任意売却を進めることが出来るのもメリットです。
住宅ローンの返済が難しくなり、支払いが滞っている場合には、なるべく早い段階で任意売却を視野に入れ、専門業者を探すようにします。
債権者と協議するのも、専門の不動産業者に依頼して任意売却を進めるのも、競売申立前に行わなければなりません。
また、専門業者を選ぶときには、任意売却の経験が豊富な有資格者がきちんといる業者を選ぶようにしましょう。

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ