よくあるご質問

Q1 任意売却の費用って本当にかからないの?

A1はい。本当にかかりません。

click
弊社で一番多い質問が、この費用についてのご質問です。みなさん「本当に費用がかからないの?」と少し懐疑的に思われている方が多いようですが、本当にかかりません。厳密にいえば、任意売却の費用をあなたが負担するのではなく、債権者に支払う売買代金より手数料をいただきます。なので、あなたが費用を負担することは絶対にないので、ご安心ください。
詳しくは「費用について」をご覧下さい。

Q2 住宅ローンを滞納するとどうなるの?

Q1 任意売却の費用って本当にかからないの?住宅ローンを約1-2ヶ月程度滞納すると 、 まずは郵便物や電話等による督促があります。

click
次に、滞納期間が6ヶ月(金融機関によっては3ヶ月)以上になれば『期限の利益の喪失(そうしつ)』となり、督促対応から競売処理へと移行されます。

<滞納期間が『1-2ヶ月の段階』で、あなた個人ができる事>
●債権者(金融機関)に「リスケジュール」を申し出る(月々の支払いやボーナス払いの見直しをお願いする)

<滞納期間が『3ヶ月以上』の方>
●早急に専門家へのご相談をオススメします。

ここで必ず憶えておいて欲しいことが2つあります。
1)債権者からの電話や書類には、必ず「誠意のある対応」をとってください。
居留守や無視等のその場しのぎは絶対にしないように心掛けてください。
2)消費者金融業者等で返済のための新たな借金を絶対にしないでください。
ローン返済の為に借金をしても何の解決にもなりません。それよりも、専門家への早急のご相談をオススメします。

Q3 期限の利益の喪失(そうしつ)ってなんですか?

A3まずは、下記例をご覧ください。

click
例)あなたは5,000万円の住宅を購入し、30年(360回)の毎月払いの住宅ローン(金銭消費賃貸契約)を組みました。これは『30年かけて毎月決められた日に決められた金額を返済します』という約束事です。しかし、滞納をすると約束を破ったという事で「30年という期限が無効」となります。
これが「期限の利益の喪失」です。
通常、債権者との契約条項には「期限の利益を喪失した場合は残金を一括払いする」との条項が明記されているので、期限の利益の喪失をすると『残金全額一括返済の請求」をされることになります。
※金融機関によって異なりますが3-6ヶ月の滞納がその目安です。

Q4 月々の支払いやボーナス払いの見直しは可能なの?

A4はい。可能です。

click
一般的に「リスケ(リスケジュール)」と言われるもので、あなた自身が各債権者(金融機関)と支払の条件を交渉し、月々の支払いやボーナス払いの金額変更を行えます。ただし、債務の免除はできませんし、期間の延長をして月々の支払金額を抑えるので、以前よりも債務(借金)は増えます。
<交渉時には下記点にお気を付けください。>
支払条件変更後に滞納した場合、全債務を一括請求される可能性が高いので、交渉時には「無理のない支払金額での交渉」をしてください。

Q5 競売になるとどうなるの?

A5競売にかけられると「最高金額を申し出た者」にあなたの家が売却されます。

click
そうなると現在お住まいの住宅から強制的に退去させられます。もちろん売却金も債務(借金)の返済にあてられるため、あなたの手元にお金が残ることはありません。なので、引越代や当座の生活資金もなく途方にくれる方も多くいらっしゃいます。また、競売物件として新聞やインターネット等に載るため、知られたくない人やご近所に知られる可能性も高くなります。

Q6 任意売却とはなんですか?

A6任意売却とは、『競売入札がおこなわれる前』に、あなたと債権者(金融機関等)との合意のもとに、『あなた自身の意思で売却すること』をいいます。

click
あなたと債権者(金融機関等)との間で交渉ができる為、できる限り双方に良いカタチ(条件)での解決を模索する事ができます。例えば、引越代金や当座の生活資金の確保などが、交渉によって可能になります。また、そのまま自宅に住む事や住宅を残す方法も模索できます。
詳しくは「任意売却について、詳しく知りたい方」をご覧下さい。

Q7 任意売却後の残債(残った借金)はどうなるの?

A7任意売却した際に生じた売買代金で支払いをしても債権(借金)が完済できなかった場合、残った債権(借金)は『無担保債権』として、金融会社等から「債権回収会社(サービサー)」に譲渡されます。

click
なので任意売却後の無担保債券については、この債権回収会社と交渉する事になります。通常のケースだと、交渉後の返済額は「5千円-3万円位の間」での分割返済となります。

Q8 任意売却の場合、いつまでに退去しなければいけないの?

A8事例によって異なりますが、通常のケースだと「1-3ヶ月程度」です。

click
購入者が決定し、金融機関の了解が取れたら購入者との相談によって『引渡期限』を決定します。

Q9 任意売却のメリットとはなんですか?

A9色々なメリットがあります。

click
  • 市場に近い相場で売却できやすい
  • その分、債権者へより多くの返済が可能
  • 競売のように告知される事がないので、諸事情を人に知られる心配がない
  • 交渉次第では、引越代や当面の生活資金の確保が期待できる
  • 抵当権抹消代や滞納分の住民税、固定資産税等々を債権者が負担してくれる
  • 売却後の「無担保債券」についても返済しやすいように交渉してくれる
  • 債権者や購入者と退去時期を協議できる
と色々なメリットがあります。
詳しくは「任意売却が良い理由」をご覧下さい。

Q10 不動産会社と任意売却専門会社の違いとはなんですか?

A10簡単に説明すると『任意売却に特化しているか。そうじゃないか。」の差です。

click
任意売却は普通の不動産売買と比べ非常に「手間と時間」がかかります。また債権者等との交渉もあるためノウハウの少ない一般的な不動産会社よりも、任意売却専門会社の方が「迅速に、そして好条件」での任意売却が期待できます。

その他についてのお問い合わせやご質問は、≪相談無料≫のコチラから

▲ページTOPへ