任意売却についてのコラム

任意売却のメリット・デメリット

競売に比べて任意売却にはメリットがたくさんあります。任意売却にもデメリットはありますが、場合によっては住み続けることも可能ですし、売却価格も基本的には競売時よりも高めです。

      

任意倍売却と競売の違いについて

任意売却か競売のどちらにするかを選ぶ際には、双方の違いをしっかりと把握しておきましょう。売却額も大きく変わってきますし、やるべき手続きや作業も大幅に違ってきます。

      

任意売却ができないケースは?

競売よりも良いとされている任意売却ですが、できないこともあります。債権者や連帯保証人や連帯債務者がOKを出しているのなら、基本的には任意売却できますがケースによります。

      

任意売却が成立するまでの流れ

不本意ながら任意売却をせざるを得ない場合もあります。自分で行うのはとても大変で長引くでしょう。業者に依頼すると1か月ほどで売れることも多数あります。業者の能力が大事になるでしょう。

      

固定資産税の滞納がある場合の任意売却

任意売却をする際に気になるのは、固定資産税を滞納していた時のことです。ただ単に固定資産税の支払いを滞納しているだけだと問題なく任意売却できます。ただ税金ですから支払いましょう。

      

任意売却後の残債について

住宅ローンの支払いが苦しくなって任意売却を行う場合もあるでしょう。その後基本的には残債が残るでしょう。これをどうやって支払っていくかの交渉がとても大事になってきます。

      

任意売却のタイミングは?

できればやりたくないのが任意売却ですが、ローンを返せないまま放置していると競売に掛けられます。そうなると余計損をすることになりますから、タイミングを見計らって任意売却しましょう。

      

共有名義の物件の任意売却について

競売にかけられるよりはマシだという思いから、任意売却をやむを得ずしなくてはいけないこともあるでしょう。ただ共有名義の物件となっている場合は少々厄介になってきます。

      

親子間の任意売却とは?

ローンが支払えず任意売却せざるを得ないというケースもあります。今まで住んでいた自宅を手放すのは困るからということで、親子間で任意売却を成立させるケースもあります。

      

任意売却と一般売却の違いとは?

任意売却と一般売却は名前は似ていますが中身は違います。売却の形は似ていますが、様々な面で主導権を債権者が握っているというのが特徴です。残債も当然支払う必要があります。

      

任意売却の価格の決め方

不況になると任意売却をする人も増えてきます。一般売却とは違い安く買われがちですが、その売却額は売り主が自分で決められます。債権者の承諾も必要ではありますが、これなら安心です。

      

任意売却後でも自宅に住み続けられる方法とは?

住宅ローンの支払いが厳しくなってしまい仕方なく任意売却をするというケースもあります。ですがマイホームに住み続きたい気持ちも分かります。リースバック等を活用しましょう。

      

任意売却ならではの注意点とは

任意売却は競売よりも多数のメリットがあります。しかし必ずしも売れるとも限りませんし、任意売却ならば万事が良しとは言いきれません。注意点を知っておくことが大事です。

      

連帯保証人がいる場合の任意売却

任意売却を行う際、連帯保証人がいる場合は揉めることも考えられます。残債が残ってしまうと迷惑をかけることにもなりますので、任意売却前に説明や話し合いはしておきましょう。

      

任意売却の決済に必要なものと気をつけること

任意売却の各種手続きを行いいよいよ決済日当日になったという場合、権利書や印鑑証明書、建築確認済書などが必要になるでしょう。その物件により必要なものが変わってきます。

      

任意売却と自己破産の関係について

任意整理を行うタイミングのことで悩む人もいます。自己破産の前にすべきか後にすべきかは、各人の状況に応じて変わってきます。債権者を説得させやすいのは任意売却を後にする場合でしょう。

      

任意売却にかかる期間は?家にいつまで住める?

ローンの支払いが厳しい人の中には、任意売却を考えている人もいるかもしれません。まずは業者に依頼をしてからどれくらいの期間住み続けられるかを予測しておきたいです。

      

任意売却すると、引っ越し代を出してもらえる?

任意売却をすると債権者によっては引っ越し代を提供してくれることもあります。しかしこれは法律で決まっているわけではなく、債権者の裁量次第ですので、期待しすぎるのはNGです。

      

任意売却にかかる費用はどのくらい?

任意売却をする時に専門業者に相談をしますが基本は無料です。そして着手金も普通は無料ですし、成約した場合に仲介手数料が必要です。その他には引越し代などがかかってきます。

      

マンション管理費の滞納金も任意売却代金から支払える?

所有しているマンションを任意売却しても、滞納していたマンション管理費が残ります、その支払いが困難なことも多いですが、債権者次第で任意売却で得た代金から支払える場合もあります。

      

任意売却でプライバシーを守る!競売による聞き込みを回避!

任意売却の制度によって助けられたという人もいます。任意売却ではなく競売だと、プライバシー上の心配もありますので、近所の人に競売物件になっていることが知られるかもしれません。

      

離婚の際には任意売却で住宅ローンを免れる!

任意売却は住宅ローンの支払いができなくなった際に行うものなのですが、離婚した際に行うケースもあります。それによって離婚後のローン支払いを免れることもできるでしょう。

      

任意売却してから自己破産するメリット

任意売却や自己破産を考えているということは、間違いなくお金で困っているはずです。任意売却を先にすることで管財事件になりにくくなりますので、メリットを享受できます。

      

任意売却では売り主の瑕疵担保責任を免除出来る?

任意売却によって窮地に追い込まれている自分を救うことも可能ですが、売却した物件に異常があった際など大変です。しかし任意売却の際に瑕疵担保責任を免除することもできます。

      

住宅支援機構による任意売却

住宅支援機構からローン借り入れをして住宅を購入し、その返済が難しくなると任意売却をするのもおすすめです。機構側は任意売却に難色を示さないでしょうし、自分を守る方法でもあります。

      

不動産の差し押さえと任意売却

任意売却は住宅ローンの支払いがままならない人が頼れる手段ですが、すでに税金の支払い滞納により差し押さえをされている場合は、まずは差し押さえ解除からしなくてはいけません。

      

代位弁済と任意売却

住宅ローンの返済は悩ましいものですが、滞納すると代位弁済されてしまう可能性があります。そうなると面倒なことになりかねませんから、任意売却をするように持っていくのも手でしょう。

      

優良な任意売却専門の不動産会社の見つけ方

任意売却をするならば優良の専門の不動産会社を見つけてください。依頼者の疑問に答えてくれるか、サポート体制は整っているかなどを調べ、安心できる業者を選ぶようにしたいです。

      

任意売却の無料相談で必要な書類

任意売却の無料相談を受け付けている所も多いですから相談に訪れる人もいるかもしれません。しっかりと書類を用意しておくことも大切で、そうでないと相談があまり進まなくなります。

      

任意売却でよくあるトラブル

任意売却によって救われることもありますが、依頼した業者が悪徳だったために、トラブル被害に遭うという例もあります。金銭被害や請け負っても仕事を進める知識がないなど様々です。

      

任意売却の家を購入するには?

任意売却とは、競売される前に売る方法です。競売されると、査定額のおよそ5割程度でしか売却することができないため、家主としては満足なお金を手にすることができないのです。

      

任意売却物件を買うのに住宅ローンの借り入れはできる?

任意売却の物件を購入する場合、新しい買主が途中でローンの支払いができなければ債権だけが残ってしまい、保証会社が金銭的な面での負担を負う可能性が高くなってしまいます。

      

任意売却の残債の処理

任意売却の残債処理については、債権者と交渉し残債を減額してもらい、月々少額でも返済するというケースが大半です。また、サービサーより債権を買取り、借金を0にするという方があります。

      

任意売却の前に考える買い戻し

任意売却をしても自分たちが住み続けられる方法といえば、親子間売買をして住み続けられる許可をもらうことでしょう。また親子間だと買い戻しも現実的な話になりやすいです。

      

任意売却とリースバックプラン

リースバックプランは任意売却を希望している債務者の人にとって理想的なサービスかもしれません。売却をしたにもかかわらず家賃を払うことによって、住み慣れた家で暮らせます。

      

任意売却してもローンが残った時の解決法

任意売却をしたということは、お金に余裕がないということです。そのため残債の返済も厳しいかもしれませんが、きちんと相談をすることで少額ずつの返済も可能になります。

      

任意売却と個人再生の違い

個人再生は債務整理の方法のひとつですが、これは自宅や車などを手放すことなくローン額の圧縮が可能な方法です。ある面では任意売却より優れていますが、誰もができるわけではないです。

      

オーバーローン状態での任意売却

任意売却をすることによってかなり精神的にも楽になるでしょう。オーバーローン状態であったとしても基本的には問題なく任意売却をすることができます。オーバーローンの人はかなり多いです。

      

税金滞納で任意売却ができなくなるケース

任意売却をしたくても、中にはできないケースもあります。税金滞納をしていると場合によっては任意売却を認めてもらえないこともありますから、注意しなくてはいけません。     

相続トラブルによる任意売却

相続トラブルはどの家庭でも起こる可能性があります。任意売却は競売よりも高い値段で売却できるなどメリットがありますがデメリットもあります。任意売却を行うべきか慎重に判断してください。

      

離婚前に任意売却をするメリット

離婚の際に住宅ローントラブルが起きることもあります。離婚前に家を売却しても完済できないときは、任意売却で解決しましょう。任意売却は住宅ローンが残っていても売却することができます。     

気をつけたい!任意売却詐欺

任意売却の詐欺はWebサイト上では、任意売却の専門家となりすましています。このようなWebサイトは他のリンクへ誘導することだけが目的なのです。しっかり業者を見分けましょう。

      

任意売却の消費税について

任意売却はとても優れた制度ですが、注意したいのは消費税についての問題です。全くの個人と事業者では課税対象かどうか違います。個人であっても投資用などであれば消費税の課税対象です。     

任意売却の際の固定資産税について

任意売却に税金の問題はつきものですが、固定資産税も厄介な存在です。公平さを保つためにも、日割り分を前の所有者に渡すことが一般的だと思われます。税金の扱いには注意してください。

      

投資用不動産の任意売却について

通常の一般住宅だけではなくて、投資用不動産に関しても任意売却をすることは可能です。ただし少々面倒な思いもするかもしれませんので、任意売却の専門業者に頼りたいです。     

任意売却取扱主任者の資格について

任意売却のプロフェッショナルといっても過言ではないのが、任意売却取扱主任者です。合格率は約40%程度で、マークシート選択、そして記述式の試験があります。講習も用意されています。     

競売不動産取扱主任者の資格について

競売不動産取扱主任者は民間の資格でそれほど難易度は高くありません。ですが競売物件の数も多い今だからこそ需要があります。試験は一年に一度あり、日本全国の多くの都市で開催されています。

      

中古マンションを任意売却する時の注意点

最近は以前に比べて中古マンションを任意売却するケースも目立ちます。基本的には一戸建て住宅の際とそれほど変わりません。頼りになる専門業者を見つけると、成功率が上がるでしょう。     

老後破産の有効な回避策となる任意売却

マイホーム購入後には毎月住宅ローンの返済がありますが、老後破産寸前となりローン返済が滞ってしまった場合、家をとられる可能性があります。回避するためには任意売却がおすすめです。

      

任意売却で比較されるリースバックとリバースモーゲージの違いとは

住宅ローンの返済が困難になってきた場合、任意売却を検討しリースバックなどの利用を考えるでしょう。リバースモーゲージの場合には、利用するのに年齢制限や年収制限があります。     

共有名義人の片方が自己破産した場合の任意売却

共有名義人の片方が自己破産してしまった場合、マイホームは競売にかけられる可能性が高くなります。住宅ローンを一括で返済出来れば取られませんが、無理なら任意売却を検討しましょう。

      

任意売却における連帯保証人と連帯債務者の違い

住宅ローンの返済が滞っていることにより、任意売却をしたい際は、連帯保証人が必要な場合や、連帯債務者が必要な場合があるでしょう。基本的には問題なく任意売却できるでしょう。     

任意売却で注意したい「任売ブローカー」について知っておこう

任意売却をする際に気を付けたいのは、任売ブローカーに利用されてはいけないというものです。任売ブローカーには、怪しい業者や、信頼できない業者もたくさんあるので注意しましょう。

      

離婚後の任意売却トラブルを解決するには専門家のサポートを

任意売却は面倒で大変ですが、離婚後であれば、より深刻かもしれません。専門家の力を借りることによって、名義の問題をクリアできる可能性も高まる為、サポートを受けるのが大切です。     

任意売却と期限の利益喪失について

住宅ローンの返済を3ヶ月滞納してしまうと期限の利益喪失し、銀行残額を一括返済しなればならなくなります。競売を避けるためには事前に不動産の専門家と相談し任意売却をとる方法もあります。

      

任意売却後の車の購入について

任意売却をすると信用情報にその事故情報が残るためローン審査に通ることが難しくなるため車の購入が難しい場合があるものの条件や方法次第ではローンを組むことが可能になるケースもあります。     

任意売却と譲渡所得税

ローン返済のための任意売却にも譲渡所得税の課税対象になりますが、控除額内で収まることも多く税金がかからないこともあります。しかし基準が厳しいため専門の税理士に相談すると安心です。

      

任意売却で修繕積立金はどうなる?

マンション購入後は修繕積立金を毎月支払う必要があります。任意売却を行う際は、修繕積立金は売買代金の中から支払うため、修繕積立金を滞納している人も任意売却ができます。     

共有名義人が不明でも任意売却はできる?

共有名義人が不明でも、不在者財産管理人という制度を利用すると任意売却ができます。しかし、許可がおりるまで時間がかかるため早く動かなければ間に合わない可能性もあります。

      

任意売却後の残債とは?

任意売却後の残債の支払いは債権回収業者に支払い義務が残り、不良債権としてサービサーと呼ばれる債権回収業者に売却されます。交渉により減額や低負担での分割返済に応じることがあります。     

任意売却の解釈と違法な任意売却

不動産業者が任意売却業務を行うのは非弁行為にあたり、違法になるのではないかと不安に思っている人も多いのではないでしょうか。宅地建物取引業の範囲内であれば、法律事務の取引が可能です。     

任意売却できる不動産仲介業者について

任意売却は、任意売却専門としている業者や任意売却が得意な不動産会社と専属媒介契約を結び、不動産仲介業者が間に入り手続きをします。媒介契約や不動産仲介業者について知っておきましょう。     

任意売却を依頼する際にアフターフォローの重要性

任意売却をサポートするのが、任意売却専門業者ですが、業者選びにはポイントがあります。成功実績や経験が豊富である以外にも、アフターフォローについても業者選びの大切なポイントです。     

任意売却における親子間売買

任意売却後も家に住み続けたいという人は親が子どもに家を売る親子間売買を検討してみてはいかがでしょうか。しかし、多くの金融機関は融資を行っていないため、専門家に相談しましょう。     

任意売却が不成立になることがある

任意売却が不成立になる可能性はゼロではありません。様々な条件により購入まで至らず不成立になる可能性があるのです。成功させたいという人は、専門家に相談してみてはいかがでしょうか。     

任意売却と債務整理の違いとは

住んでいる家のローンを滞納している、支払えない場合は任意売却や債務整理などの方法で生活再建を行います。任意売却と債務整理の違いや、債務整理の種類について知っておきましょう。     

住宅金融支援機構が薦める任意売却とは

任意売却をする際は、民間の金融機関で行う場合と住宅金融支援機構で行う場合があります。それぞれ、手続きの流れが異なります。メリット、デメリットを理解した上で決めましょう。     

任意売却と任意売買との違い

任意売却と任意売買との違いは表現の仕方であるため、意味は同じです。競売との違いは価格などがあります。既に競売を開始している人も、途中から任意売却や任意売買に変更することができます。     

任意売却の悪徳業者に注意

悪徳業者に引っかからずスムーズに任意売却をするためには、悪徳業者の特徴を知り、業者選びを慎重に行うことです。都合の良い話しかしない業者は、業者の実績や資格を確認しましょう。     

任意売却を理解するための専門用語

住宅ローンなどを滞納し、不動産を任意売却や競売になった際には、様々な通知が届きます。手続きを円滑に進めるためにも、それらの専門用語について把握しておくことが大切です。     

任意売却における抵当権

住宅ローンなどでお金を借りて住宅を購入した場合、債権者は抵当権を設定し返済ができなくなったときのリスク回避をします。任意売却の際には、売却と同時に抵当権が抹消されます。     

督促状が来たら任意売却で対策を

住宅ローンの返済が滞り、督促状や催告書が届くようになった場合は、早めに任意売却などの対策を取ることが大事です。通知を無視していると、競売にかけられる事態になることもあります。     

任意売却の流れについて

売買価格が市場価格と変わらない、交渉をしてもらえるなどのメリットがある任意売却ですが、業者に相談することも大切です。任意売却における流れも把握することができスムーズです。     

任意売却と信用情報の関係性

ローンの滞納により、自宅を売却する任意売却は、信用情報と関係があり、影響を与えることになります。任意売却をする際には、信用情報との関係性を知っておくことも重要です。     

任意売却での広告活動と秘密厳守について

任意売却は、滞納したローンを返済するためにも有効な方法です。迅速に売却する必要があるため、広告活動を行いますが、一般売却物件と同様に個人情報などは秘密厳守することができます。     

任意売却が可能な理由

住宅ローンの返済ができず、返済方法として任意売却を考えている人もいるでしょう。なぜ住宅ローンを滞納すると、任意売却できるのでしょうか。債権者にも優遇競れることがあるのです。     

任意売却と競売の違い

任意売却と競売は住宅を売却することでは同じであっても、様々な違いがあるので知っておきましょう。違いを理解した上で、ローン返済に最適な方法を取ることが重要になります。     

任意売却後の残債に対する税金控除について

住宅ローンの滞納により、任意売却することになったときには、住宅ローン減税の適用はなくなります。任意売却の際には、売却後の残債に適用される税金控除について知っておきましょう。     

高齢者が任意売却するケースについて

近年、高齢者の住宅ローンによる破産が深刻化しています。定年後に退職金で完済しようと考える人が多いですが、完済ができない場合は、任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。     

病気が原因となり任意売却する場合

病気によって住宅ローンの支払いが困難になり、マイホームを手放さなければならない状況に陥る人も少なくありません。その場合は、任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。     

任意売却後の借金は請求されるのか

任意売却の業者の中には、任意売却後は借金がゼロになると謳っている業者がありますが、残った借金は請求されます。任意売却をしたら終わりではなく、借金を解決するための準備が必要です。     

任意売却をする上での連帯保証人について

住宅ローンを組む場合に、連帯保証人が必要になるケースが多いです。住宅ローンの支払いが難しく、完済できない場合には連帯保証人に同意を得ることで、任意売却をすることができます。     

任意売却における子どもへの影響

競売や任意売却は、自宅で生活ができなくなるため、子どもへの影響が全くないというわけではありません。しかし、競売よりも任意売却を選択することで、子どもへの影響を減らすことができます。     

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ