トップ >任意売却についてのコラム >任意売却の明け渡しについての流れを知ろう
任意売却の明け渡しについての流れを知ろう

任意売却の明け渡しの手続き

任意売却では債権者と合意し、物件売却が進められます。
明け渡し時期に関しても、債権者を交えて、買い手と売り手が決めていきます。
しかし明け渡しに関しては、通常の物件と同じように行なわれ、手続きも変わらず、明け渡しの時期を先に延ばす、または前倒しすることは特別な理由がなければ行ないません。
また、無理に明け渡しの時期を変えると、買い手の都合を無視することとなり、場合によっては買い手がキャンセルする恐れもあるのです。
売り主としては、引っ越ししなければならず、引越後は郵便物などの転送手続きなど、行なわなければならないことはいくつかあります。
これも通常の物件から引っ越す場合と、流れや手続きは変わりありません。
時期を見計らって、速やかに行なっておくと良いでしょう。
しかし、任意売却の物件に関しては、買い主に取っては不利な条件の物件となるので、出来るだけ売り主は速やかに明け渡すよう努めた方が良いです。
あまりにも明け渡しの時期が遅くなれば、競売に掛けた方が良いという話も出てくるでしょう。

任意売却で子どもへの影響を少なくする

引越代金について

競売では引越代金は売り主負担となりますが、任意売却となると、債権者や買い主からもらえる可能性があります。 しかしこれは強制ではなく、支払わないといけない決まりもないので、債権者などからの善意で支払うことになるのです。
特に任意売却だと、売り主は残債があり経済的に厳しい場合もあるので、債権者がそのような状況をくみ取ってくれます。
ただ全額引越代金を支払ってもらえるとは限りません。
また、転居費用の一般相場が10万円から30万円ぐらいなので、最高でも30万円が限度と考えた方が良いでしょう。
買い主に住宅の代金とは別に、引っ越し費用を負担するように、契約手続きで取り決められる場合もあり、そのような状態に対応している業者もいます。
しかし、売り主側から払えとは言えませんので、その点は気をつけましょう。


引越代金について

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ