トップ >任意売却についてのコラム >任意売却の査定とは
任意売却の査定とは

任意売却と通常の売却

通常の売却では、所有者の意思で行えますが、任意売却となると、債権者が関わってきます。
住宅ローンの残高の方が、売却金額より多いとなると、債権者の同意を得ないとなりません。
さらには、売却金額も債権者が決定するのです。
金融機関が独自のルートを使用して、物件の査定を行ない、売却金額を提示します。
ここで通常は住宅ローンが残っていると、残高を完済しないと売却は認められません。
しかし、残高分のお金を用意できないとなると、話し合いの後、金融機関の同意を得て任意売却という形に出来るのです。
任意売却は債権者の金融機関主導の売却と言っても良いでしょう。
査定し物件の金額を決め、そして売却後に住宅ローンの残高が出れば、これも話し合いにより、生活状況などを照らし合わせて、無理のない範囲で分割して支払っていきます。
任意売却で子どもへの影響を少なくする

リースバックで専門業者に査定依頼

任意売却の場合でも、高く査定してもらうだけが良いとは限りません。
売りに出して買い手が見つからないと、任意売却も成立せず、債権者と調節できる業者に査定を行なってもらうべきです。
そのような専門業者に査定をお願いすると、住宅を手放すだけでなく、リースバックという方法で手放し、所有権が移行後も住むことが出来ます。
このリースバックという方法は、第三者に物件をしますが、対象は投資家や業者などです。
しかしリースバックであれば、物件だけ購入してもらい、購入者は物件に住まないので、売却した所有者が住むことが出来ます。
リースバックという方法を使うには、投資家などとネットワークを持ち繋がりがなければなりません。
残念ながら通常の不動産では難しいので、リースバックの行なえる専門業者を探すことになります。
ちなみにリースバックの出来る専門業者の探し方は、インターネットなどを使い探しますが、その専門業者は、任意売却をどれぐらい行なっているか、実績を見て判断し探しましょう。


リースバックで専門業者に査定依頼

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ