トップ >任意売却についてのコラム >任意売却後の借金は請求されるのか
任意売却後の借金は請求されるのか

任意売却後の借金

様々な理由により、任意売却を検討する人も多いのではないでしょうか。
任意売却を行う前に、任意売却後の借金について知っておく必要があります。
マイホームを手放す際、競売や任意売却などの方法がありますが、自宅を手放したあとに残ったローンが完済できないというケースがあるのです。
任意売却や競売でマイホームを手放したあとに残った借金は、そのまま残ります。
残った借金を解決するために、場合によっては自己破産を検討しなければならない恐れもあるのです。
自己破産をすると、借金を支払わずに済みます。
また、自己破産は、裁判所で手続きを行いますが、プラスの財産がある場合は債権者に配当されることが一般的です。
財産を持ったまま自己破産をすることができないことを知っておきましょう。

任意売却後の借金

借金はゼロにならない

任意売却の業者の中には、任意売却をすれば借金がゼロになると謳っている業者がありますが、任意売却後に残った借金は請求されます。
任意売却をしたら終わりというわけではなく、借金を解決するための準備が必要です。
例えば、債権者に分割払いを認めてもらうなどの交渉が必要になります。
分割払いが認められていないと、借金を一括請求されることがあり、最悪の場合には裁判所の強制執行により、預金や給与が差し押さえになる恐れがあるため、注意しましょう。
任意売却後は、借金がゼロと謳っている業者のことは鵜呑みにせず、慎重に業者を判断しなければなりません。
最も安心できるのは、任意売却の専門家や経験豊富な業者です。
借金問題を総合的にサポートしてくれる業者を選びましょう。
しかし、任意売却後に借金のサポートをしない業者が多く、何も解決できていない状況に陥ってしまう人もいるのです。
そのため、債権者に分割払いを認めてもらうための交渉が可能な業者に依頼し、月々の返済額を決めると良いでしょう。
任意売却の業者はたくさんありますが、どの業者に相談して良いかわからない人もいるのではないでしょうか。
任意売却の相談や、任意売却後の借金サポートについてはオーナーズ・プランニングにお任せください。


借金はゼロにならない

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ