トップ >任意売却についてのコラム >病気が原因となり任意売却する場合
病気が原因となり任意売却する場合

病気で住宅ローンが払えない

マイホームを購入する際は、住宅ローンを組む人がほとんどではないでしょうか。
しかし、病気によって住宅ローンが支払えず、マイホームを手放さなければならない状況に陥る人も少なくありません。
例えば、ストレスからうつ病にかかり、長期間入院をしなければならない、病気が原因で仕事に復帰できないなど様々な理由が挙げられます。
この場合、保険や休業保証、傷病手当金などで住宅ローンを返済することも可能ですが、ずっと続けることができないこともあるでしょう。
また、金額にも限界があるため住宅ローンを返済し続けることが難しいことがあります。
病気によって住宅ローンが支払えない場合は、任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。
任意売却を行うと、病気によって収入がないとみなされ、残りのローンをゼロにしてもらえる可能性があるのです。

病気で住宅ローンが払えない

冷静な判断を

病気になると、冷静な判断ができなくなってしまう人も少なくありません。
住宅ローンの返済をしなければならないと、義務感を持っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、冷静になって最善の方法を考えることが大切です。
無理をして働いたり、高い金利で借りたりすると、住宅ローンの支払いはいずれ、行き詰まるでしょう。
うつ病などにより、他の手段を考える余裕がなくなり、高い金利である消費者金融から借入してしまう人がいます。
しかし、この手段は現実的ではなく、根本的な解決とも言えません。
マイホームを手放したくないという人も多いですが、病気を完治させ、家族の幸せを守ることが最も大切なことではないでしょうか。
病気は予測することができず、突然、入院となる場合があります。
まずは、病気の治療に専念しましょう。
マイホームを守ることも大切ですが、自分の健康や家族を優先しなければならない状況もあります。
マイホームや住宅ローンよりも大切なことがあるということを、冷静に判断し、任意売却を選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。
任意売却は専門家に相談することをおすすめします。
できるだけ早く相談しましょう。


冷静な判断を

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ