トップ >任意売却についてのコラム >高齢者が任意売却するケースについて
高齢者が任意売却するケースについて

年金だけでは住宅ローンが完済できない

多くの高齢者は、年金で生活しているのではないでしょうか。
近年、高齢者の住宅ローンによる破産が深刻化しています。
年金額は、生活するだけの金額であるため、住宅ローンが払えなくなり、大きな負担になっていることも少なくありません。
住宅ローンが支払えず、困っている人もいるでしょう。
住宅ローンをどのように返済するか、スケジュールを延長して月々の返済額を少なくしたいと考える人も多いです。
また、完済の目処が立たず、自宅を競売にかける高齢者もいます。
競売にかけられた後は、マイホームを手放して、賃貸物件に引っ越して暮らしている人の中には、賃貸と残りのローンを支払っている場合もあるため、最低限の生活でさえ危機状態に陥ることがあるのです。
競売にかけられるとなると、賃貸物件への引っ越し代は手に入れることができますが、高く売ることができないため、多額のローン返済をし続けなければなりません。
競売にかけられる前に、任意売却を検討してみてはいかがでしょうか。
任意売却であれば、競売よりも高く住宅を売却できる可能性があります。

高齢者が任意売却するケースについて

マイホームを任意売却

任意売却を行う際には、専門家に相談しながら進めていくことをおすすめします。
任意売却は、競売よりも高い値段で売却するだけでなく、ローンをできるだけ少なくしてもらいましょう。
マイホームから引っ越しをしたくないという人は、投資家に任意売却で購入してもらうと、マイホームに住み続けることができます。
投資家に家賃を支払って暮らすことになりますが、無理をして住宅ローンを支払い続け、マイホームで暮らすよりも生活しやすいのではないでしょうか。
任意売却でもローンが残る場合があります。
そのような場合は、自己破産も検討する必要があるでしょう。
高齢者の自己破産は、日々の生活で支障をきたすことはありません。
住宅ローンを組んだとき、定年した際の退職金で完済しようと考える人が多いですが、計画通りにいかないことがあります。
住宅ローンを支払い続けなければならないという義務感を持って生活するよりも、任意売却をした方が安心して暮らせることもあるということを知っておきましょう。

マイホームを任意売却

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ