トップ >任意売却についてのコラム >任意売却と譲渡所得税
任意売却と譲渡所得税

任意売却後の残債はどうなる?

住宅の売却価格より住宅ローンの残債務が多い場合、債務が残ります。
これを、残債と言います。
任意売却後に残債が交渉によって免除されることは、まずないでしょう。
任意売却後に、残債がある場合、残債の支払いは債権回収業者に支払い義務が残ります。
任意売却後の債権は、住宅の抵当権も外れ、売却相手の所有物となり無担保債権になるため、不良債権としてサービサーと呼ばれる債権回収業者に売却されることが多いです。
サービサーとは、債権回収会社のことで、法務省に許可を受けた金融債権の回収を代行する業者です。
債権の回収時に暴力団などが介入させないために弁護士法の特例として認可制でのみ、債権代行を許可された民間業者です。
不良債権は、元の債権額より安い金額で買い取ることが多いため、交渉により減額や低負担での分割返済に応じることがあります。
任意売却後の残債はどうなる?

無理のない範囲で返す

残債は、銀行や保証会社から債権回収業者に売却されます。
最初の貸主である銀行は、住宅ローンが破綻した段階で、保証会社からローン金額の代位弁済を受け、ローン債務をすべて保証会社に譲渡し、保証会社も住宅を競売や任意売却を行い処分して一部の求償を得てから、残りの債務を不良債権としてサービサーに売却します。
サービサーは保証会社から債権額元本より安い価格で債権を買い取っています。
そのため、全額返済でなくても利益が出るようになっており、回収率の低い無担保債権であるため、返済額に期待をしていないこともあります。
残債は速やかに支払わなければいけないものですが、何百万もの大金が簡単に支払えるのであれば家を手放す必要はありません。
このことは、債権者もよくわかっているはずです。
そのため、無理矢理取り立てるのではなく、返してもらえる範囲で返してもらおうとう回収方針になるのです。

専門家を通じて交渉しよう

交渉を行えば、残債より安い金額で一括払いで買い戻すことができたり、生活担保のない低額での分割返済に応じてもらえる可能性があります。
まったく回収ができないと困るため、月に数万円ずつなど、現実的に支払っていける範囲で無理なく支払っていく約束をします。
支払わなくても良いということではなく、返済を続けていく誠意を示す必要があります。
自分で交渉を行うのではなく、専門家を通じて交渉するようにしましょう。
競売を回避し、住宅ローンをできるだけ少なくするために、専門家に相談し、任意売却することをおすすめします。
専門家を通じて交渉しよう

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ