トップ >任意売却についてのコラム >共有名義人の片方が自己破産した場合の任意売却
共有名義人の片方が自己破産した場合の任意売却

住宅ローンの共有名義人の片方が自己破産をした場合

共有名義人の片方が自己破産をした場合、共有で持っているマイホームはどうなるのでしょうか?
共有名義人の片方が自己破産した場合には住宅ローンが払えないのでマイホームは没収されます。
たとえその不動産の半分しか共有名義人が名義を持っていないとしても自己破産をしたことで破産手続き後に競売にかけられます。
もちろんマイホームの半分だけが競売にかけられますが、このような物件は訳アリとなるので安く手に入れることが出来ます。
訳アリとわかっていて購入した人は、裁判所に申し立てを行って共同名義の不動産を分割してもらうように訴えます。
そうすれば、建物など半分にすることが難しいものは丸ごと競売にかけられて売却で得た代金を配分されることになるので、今まで住宅ローンをきちんと支払っていたとしてもマイホームを手放すことになってしまいます。
家を手放したくないのであれば、破産管財人から相場の金額で自宅を買い戻さなければなりません。
又は競売にかけられているマイホームを落札する方法もあります。
しかしまとまったお金がない場合や、経済的にお金を工面することが難しい場合、さらには競売で落札できない場合には自宅を買い戻すことが出来ないでしょう。
住宅ローンの共有名義人の片方が自己破産をした場合

競売は確実な方法ではない

自宅を買い戻そうと競売で落札を試みようとしても、100%落札できるわけではありません。
ほかの人が落札をする場合もあるのです。
また買取をすること自体が難しい人もいるでしょう。
共有名義人の片方が自己破産となった場合、その人の住宅ローン分を一括で支払えば自宅を手放す必要はありません。
ただし一括返済となるとかなりのまとまった金額が必要になってきますから誰でも簡単に行えることではありません。
住宅ローンの一括返済が難しいのであれば、自宅を手放すしか方法はないでしょう。
しかしここで選択するのは競売ではありません。
任意売却を選択しましょう。

任意売却ならマイホームを手放さずに済む

絶対に自宅を取り戻したいのであれば任意売却がおすすめです。
競売で落札するよりも任意売却の方が確実性が高いのです。
競売にかかってしまうとすぐに立ち退きを余儀なくされますし、市価よりも安い価格で落札されます。
しかし任意売却の場合には、一旦売りに出されますが、競売よりもはるかに高い金額で取引がなされます。
出来るだけ高く売却ができれば配分も多くなりますから手元にまとまったお金が入ってきます。
さらに、不動産を売却した後に、改めて住宅を購入することで、自宅にそのまま住み続けることもできるのです。もちろん強制的に立ち退きを命ぜられることもありません。
任意売却ならマイホームを手放さずに済む

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ