トップ >任意売却についてのコラム >任意売却で比較されるリースバックとリバースモーゲージの違いとは
任意売却で比較されるリースバックとリバースモーゲージの違いとは

任意売却のリースバックとは?

住宅ローンの支払いが困難になれば任意売却について調べているとリースバックとリバースモーゲージという言葉が出てくるでしょう。
リースバックとリバースモーゲージについて説明します。
まずは、リースバックから見ていきましょう。
リースバックとは、現在所有しているマイホームを任意売却し売却資金を受け取った後、今度はその住宅をリースしてそのままその場所に継続的に住むことを意味しています。
マイホームであったときには家のために負担する税金やメンテナンス、住宅ローンの返済費用が必要でしたが、リースバックすると自分の家ではなくなるので税金の負担も住宅ローンの返済もなくなります。
住宅ローン返済に毎月頭を抱えることがなくなるので経済的な負担がかなり軽減されます。。
任意売却のリースバックとは?

リバースモーゲージとは?

次にもう一つの任意売却であるリバースモーゲージを見ていきましょう。
リバースモーゲージは、自宅の土地・建物を担保として銀行に差し出します。
銀行などの金融機関から必要な時には土地や建物を担保にしていることからお金を借りることが出来ます。
また、毎月または毎年「年金」という形でお金を受け取ることも可能です。
もちろん住宅ローンの返済は必要なくなりますし、担保にしていても自宅に住み続けることは可能です。

リースバックとリバースモーゲージの違いについて

リースバックとリバースモーゲージはどちらも住み続けることが出来る方法ですが、任意売却である両者にはどんな違いがあるのでしょうか?
リースバックは、自宅を債権者に売却し、売却代金を受け取ってから、月々の賃貸料を支払うスタイルになりますから、一旦手元にまとまったお金が入ってくるので、経済的にもかなり楽になります。
リバースモーゲージは自宅を担保に入れることでお金を得ることが出来ます。
毎月あるいは一括でお金を得られますが、契約者が亡くなるまでの間が期限となっています。
契約者が亡くなってしまった場合には、債権者が不動産を売却することになるので自宅を返済しなければなりません。
どちらも自宅にそのまま住むことが出来ますし、資金を得ることが出来ますが、リバースモーゲージの場合には、利用するのに年齢制限や年収制限がある場合があります。
また、自宅であってもマンションは対象に入らない可能性が大きいです。
さらに、自宅を担保に得たお金の使途を問われます。
老後資金や自宅のリフォームでの使用など使途が限定されているのです。
このように両者の仕組みが大きく異なっているのです。
どちらかを利用したいと思っているのであれば、両者の内容をしっかりと把握して自分の環境や条件に合った、最適なプランを選ぶことが大切です。
リースバックとリバースモーゲージの違いについて

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ