トップ >任意売却についてのコラム >老後破産の有効な回避策となる任意売却
老後破産の有効な回避策となる任意売却

増えつつある老後破産

せっかく建てたマイホームですが、返済計画をきちんと立てたつもりでも収入の激減などによって思うように住宅ローンの返済ができなく老後破産の状態になってしまう場合があります。
実は近年住宅ローンが払えなく老後破産となってきている人が増えているのです。
早いうちにマイホームを購入して30年や35年のローンを組めば60歳くらいのうちに完済できます。
しかし、30代の終わりや40代になってからマイホームを購入するケースが増えているので、必然的に完済の年齢は高くなってしまいます。
定年後も住宅ローンの返済がかなり残っているが、定年となってしまったので収入が激減して返済が追い付かないという人がいます。
さらに、自分たちが若いころは高い価格をしていた住宅も、バブルがはじけて価格がどんどん下がっています。
景気の良いころは買うことが出来なかった地域の住宅でも、今は少しくらい無理をすれば買うことが出来ると考えて購入したが、結局経済的な負担が大きくなってしまいます。
それで支払いに苦慮して老後破産となるケースもあるのです。
投資用不動産と任意売却について

支払いができないと…

いずれにしても住宅ローンの支払いができなければ、返済金額がどんどん大きくなっていってしまいます。
住宅ローンの返済が家計を圧迫して老後破産となり、最終手段の自己破産しか残す手立てはないという人もいるのではないでしょうか?
しかしちょっと待ってください、回避方法を考えましょう。
自己破産をすると住宅は取られて競売にかけられてしまいます。
せっかく建てたマイホームをとられると、終の住み処にしようとしていた場所はなくなってしまうのです。
老後に破産をすることになったとしても住宅をとられることのない回避する方法があります。

任意売却で住宅問題を回避

住宅ローンの支払いを滞っておると、最終的には競売にかけられて住宅をとられてしまいます。
また借金返済が回避できないからと言って自己破産を選択した場合にも、マイホームはなくなってしまうでしょう。
任意売却という方法を選択すれば、住宅問題を回避でき今まで通り住宅に住み続けることが出来るのです。
任意売却を行えば住宅を売ることにはなりますが競売とは違うので、適正価格で売ることが出来ます。
任意売却では債権者との話し合いで毎月の返済額を負担の掛からない範囲で設定してもライながら借金を返済しながら今まで通り住宅に住むことができるのです。
ただし滞納が6カ月を越えると、金融機関も相談にも乗ってくれなくなることが多いです。手遅れにならないうちに金融機関や任意売却などに詳しい専門家に相談をしましょう。
投資用不動産を任意売却するにあたって注意したい点

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ