トップ >任意売却についてのコラム >中古マンションを任意売却する時の注意点
中古マンションを任意売却する時の注意点

マンションの任意売却はどんな点に注意したらいい?

最近は任意売却を行うケースが多いのですが、一戸建て住宅のみならず、分譲マンションを任意売却するケースも目立ちます。
特に都心部においてはタワーマンションなどが次々とできており、購入してみたものの、住宅ローンの返済が困難になった…ということで、任意売却がなされることもあります。
基本的には一戸建ても中古マンションも注意すべき点は同じですが、極論するとマンションの場合は2階の可能性もあれば、30階の可能性もあります。
一戸建て住宅であれば考える必要がない、マンション管理の問題や常駐スタッフの問題、近隣問題、修繕に関する問題など、一戸建て以上にシビアに考えられます。
偽りの情報を提示するのはいけませんが、魅力的な情報も積極的に伝えるようにしたいです。
例えば高級中古マンションの場合、共益施設が整っていることもありますし、マンション独自のサービスが行われているケースもあり、それがプラス材料になるかもしれません。
肝に銘じておきたいのは、任意売却の専門業者を通すことで、それにより確実性の高い任意売却が可能になると思います。
任意売却を行う際には瑕疵担保責任についても注意すべきで、これを怠ってしまうと、契約して物件を引き渡した後に大きなトラブルになりかねません。
マンション住宅設備保証サービスを活用できることもあるので、しっかりと確認しておきたいです。
投資用不動産と任意売却について

中古マンションの任意売却を行う際には専門業者の力を借りたい

中古マンションでも一戸建て住宅でも、結局のところ買い手が現れないと任意売却をすることができません。
そのまま時間が経過してしまうと競売、となるでしょうから、早い段階からオーナーズ・プランニング株式会社にご依頼ください。
中古マンションの任意売却実績も豊富にありますし、ご相談いただきやすい体制を整えております。
とにかく重要なことはできるだけ早い段階で動く、そして信頼できる業者を探す、経験豊富な業者を利用することが非常に重要です。
任意売却は利用した仲介業者の質次第で成否が決まるといっても過言ではありませんから、オーナーズ・プランニング株式会社をご利用ください。
中古マンションの任意売却においても、修繕歴や問題のある箇所をしっかりと伝える義務がありますし、やはり早い成立を希望するなら実際にマンションの内部に内見希望者を入れて見てもらうことも必要でしょう。
投資用不動産を任意売却するにあたって注意したい点

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ