トップ >任意売却についてのコラム >競売不動産取扱主任者の資格について
競売不動産取扱主任者の資格について

競売不動産取扱主任者の資格に関して

競売や任意売却がなされることは決して珍しくはありませんし、日本中のあらゆるところに競売物件があり、その不動産の入札をしたいと思っている人がいます。
競売は閉鎖的なイメージがありますが、厳しい参加制限は設けられていません。
しかし様々なルールもありますし、どこか近寄りがたい雰囲気すら漂う世界ですから、一般の消費者は気軽に競売に関わることはないでしょう。
競売と類似している任意売却であればまだ一般的かもしれませんが、双方ともやはり専門知識を有します。
競売不動産取扱主任者の資格を取得しているということは、不動産や関連する法律など様々な知識に強くなるということですし、自然と任意売却にも強くなれるというわけでしょう。
類似している任意売却取扱主任者は事細かな受験資格が設けられていましたが、競売不動産取扱主任者の資格には受験資格がありません。
ですから不動産関係の職に就いている人、就職活動を控えた学生、その他様々な人が興味を持っています。
競売代行業の設立を検討しているのであれば、専門資格でもある競売不動産取扱主任者を取得しているとアドバンテージになること間違いありません。
投資用不動産と任意売却について

競売不動産取扱主任者の試験について

この試験は1年に1度のみ行われており、毎年12月のはじめに行われます。
あらゆる都市で試験が受けられる点が魅力で、全国11か所で受験可能です。
競売不動産取扱主任者はそこまで難しくなく、比較的合格しやすいですが、合格率は50%を切っています。
この資格試験で重視されているのは、競売物件について消費者に正確に説明ができるかどうかという点ですから、この資格を取得すると、消費者目線に立ったアドバイスができるようになるわけです。
一般社団法人不動産競売流通協会が行っており、主催者によるセミナー開催もあるので、是非とも利用してみることをおすすめします。
試験合格に近づけますし、同時に競売に関する重要事項に詳しくなることができます。
任意売却とともに競売は今注目されていますから、こういった資格を取得すると強みになるでしょう。
実際問題、不動産業界に在籍していても競売に関するノウハウを学ぶことは難しいとされています。
それであれば競売不動産取扱主任者の勉強を行い受験をして、合格を目指すのが、競売業界で生きていく理想的な方法でしょう。
不動産関連の資格は多数ありますが、この資格があると競売に非常に強くなれます。
投資用不動産を任意売却するにあたって注意したい点

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ