トップ >任意売却についてのコラム >投資用不動産の任意売却について
投資用不動産の任意売却について

投資用不動産と任意売却について

投資といえば株式や外国為替証拠金取引、金やプラチナ、先物など多種多様なものがありますが、古くから存在しているものに不動産取引があります。
特に最近はタワーマンションが乱立したり、2020年の東京オリンピックに向けての開発に乗じて不動産投資を行う人が増えてきたりしています。
投資にはリスクもつきものなので失敗する可能性も当然あります。
投資用不動産を購入する際にローンを組んだものの思うように返済ができないというケースもありますが、最終的には競売にかけられてしまうでしょう。
それはリスクやデメリットも比較的大きいので、できれば任意売却をしたいと考えますが、まだローンを返済しきっていませんし、任意売却を行って無事売却に至ったとしてもその売却価格次第では残債をすべて返済することはできません。
となると抵当権を抹消してもらえない可能性もありますが、交渉次第では無事任意売却に進むことができます。
投資用不動産も任意売却することができますが、一般的に自らが暮らしていた住宅を売却する際に比べると、手間がかかるかもしれません。
経験がない人にとってはちんぷんかんぷんかもしれませんが、そういう時には専門業者を活用して仲介してもらったり、相談をしたりすると良いでしょう。
投資用不動産と任意売却について

投資用不動産を任意売却するにあたって注意したい点

ローンの支払いに困った際に頼りになる任意売却ですが、投資用不動産の場合に関しては少々大変な点もあるでしょう。
自分の家族が住んでいる住宅を売却するのであれば特に問題はありませんが、投資用不動産ですと見ず知らずの人がそこで暮らしている可能性があるのです。
所有者が移ることが原因ですでに入居している人に迷惑をかけるわけにはいきませんから、買い手を決める際にはその部分に関しても話し合うべきかもしれません。
他には投資用不動産を管理している管理会社の存在もあります。
通常の住宅の任意売却であれば管理会社は関係ありませんが、投資用となると別です。
管理会社との契約内容によっては少々揉めるかもしれませんが、そういう時にも任意売却の専門業者が活躍します。
オーナーズ・プランニングであれば様々な相談に真摯に対応いたしますし、各業者との交渉なども可能です。
任意売却を行うことを検討し始めた…ということは、それほど時間的な余裕はないでしょう。
ですから早いうちにオーナーズ・プランニングをご活用してください。
投資用不動産を任意売却するにあたって注意したい点

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ