トップ >任意売却についてのコラム >離婚前に任意売却をするメリット
離婚前に任意売却をするメリット

離婚時に住宅ローンが残っているとき

結婚をして夫婦二人で購入したマンションや、老後のために購入したマンションも離婚をすると手放さなければいけません。
簡単に、離婚届けを提出して終わり、というわけにもいきません。
一番多い問題は、離婚の際に住宅ローンが残っていることです。
夫婦でローンを組んでいるときや、共同名義にしているときは離婚時にトラブルを起こしてしまう可能性が非常に高いです。
離婚前にしっかりと話し合うことが必要です。
ひとつの手としては、離婚前に自宅を売却して、住宅ローンをすべて返済する方法がありますが、もし住宅ローンの残額が多く、家を売却しても完済できない場合があると思います。
今回、家を売却しても完済できない場合の解決方法をご紹介します。
離婚時に住宅ローンが残っているとき

離婚の際の住宅ローントラブル

結婚したときは、離婚をするなんて思っている人はいないはずです。
マンションなどを購入する際に、ローンを組みますが夫が債務者、妻が連帯保証人となる場合があると思います。
離婚前に連帯保証人から外れたいと希望しても困難です。

家を売却しても完済できないときは

離婚前に家を売却しても完済できないときは、任意売却で解決しましょう。
二人で住む可能性が無いのであれば、住宅を手放すことで売却後に残ったお金を分けることができます。
また、売却後に残ってしまった、ということも多くありますので、離婚前にローン返済についてしっかり話しあいましょう。
二人とも破産してしまう可能性もあります。
そうならないためにも任意売却の存在を知っておくことをおすすめします。
通常、住宅ローンが残っていると売却することは難しいですが、任意売却は住宅ローンが残っていても売却することができます。
また、売却後の残債も無理のない範囲に見直すことができますので、離婚前に任意売却を検討してみてください。
任意売却後も債務者、連帯保証人はそのまま責任を負いますので、どちらかと連絡が取れなくなったり、支払いが停滞したときのために専門家と離婚前に相談しておくことをおすすめします。
金銭トラブルは放っておくと大きくなりますので、先送りにしてはいけません。
離婚後に話し合えばいい、というのではなく離婚前に話し合い住宅ローントラブルを回避しましょう。
離婚前の話し合いが、結論に至らないことも多々あると思いますが、その場合は専門家に相談して、必ず離婚前に解決しておきましょう。
家を売却しても完済できないとき

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ