トップ >任意売却についてのコラム >税金滞納で任意売却ができなくなるケース
税金滞納で任意売却ができなくなるケース

税金滞納があると任意売却できないの?

任意売却は競売と比べると魅力がたくさんある方法なので、競売ではなくて任意売却のほうが良いと希望する人も多いです。
金融機関が債権者となっている場合、例えオーバーローンであっても任意売却できるケースがかなり多いのですが、税金滞納をしている場合は任意売却ではなくて競売を選択せざるを得ないこともあるでしょう。
もちろん税金滞納があるからといって絶対に任意売却ができないというわけではなくて、「任意売却NG」を出される可能性もあるということです。
滞納している税金(固定資産税など)の金額によって状況は大きく変わることが予想されますし、債権者の考え方次第でもあります。
しかし仮に任意売却を行って売却金額が入っても、相当な金額の固定資産税などの滞納分を支払う必要があるのであれば、任意売却ではなくて競売をしてほしいといわれるかもしれません。
住宅ローンの滞納をしているということは、一般的には税金の支払いも満足に行えていない可能性があります。
もし任意売却をしなくてはいけないであろう状況に陥りそうな場合には、できるだけ早く任意売却業者に相談してください。
オーナーズプランニングであれば無料で相談いただくこともできますし、予約をいただければ土日の相談も受け付けております。
手遅れになってしまう前に、できるだけ早めに相談いただくことで、最善の策をご提示することが可能でしょう。
税金滞納があると任意売却できないの

税金滞納で任意売却不可にならないために

お金がないと住宅ローンの毎月の返済をすることはできません。
そしてもちろん固定資産税を支払うことは難しいです。
ですがどちらを優先するのか、という点はとても重要で、意外なことに住宅ローンの返済を優先する人も多く存在しています。
実は注意すべきことがありまして、それは例えば固定資産税を滞納していると住宅を差し押さえられることもあります。
ということは、任意売却することが難しくなりますし、少し面倒なことになってしまうかもしれません。
ですから税金滞納をしないようにきちんと支払うことも大切なのです。
滞納しないように支払っていきたいけど金銭的にどうしても厳しい…という場合には、自分で勝手に判断することなく専門家にアドバイスを求めることが重要です。
税金滞納によって結果的に任意売却できない…というケースがあることも事実ですから、覚えておくようにしてください。
税金滞納で任意売却不可にならないために

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ