トップ >任意売却についてのコラム >オーバーローン状態での任意売却
オーバーローン状態での任意売却

オーバーローンでも任意売却をすることはできる?

借りている住宅ローンの返済が滞りはじめると任意売却を行うこともありますが、任意売却をして売却時価を得ても残債を完済できない状態をオーバーローンといいます。
任意売却によって入ってくるお金で住宅ローンを完済できるのであれば比較的スンナリといくのですが、オーバーローンだと稀に債権者が任意売却NGの判定を下すこともあるようです。
実際問題、オーバーローン状態に陥っている人もかなり大勢いますが、それにはいろいろな理由があります。
まずは住宅ローンに頼りすぎてしまい、初期の自己資金が少なかった、何らかの影響で不動産の価値がかなり下がってしまった、などが挙げられます。
オーバーローンだと住宅ローンを組んだ金融機関に債権があり、尚且つ任意売却をしても完済できない状態ですから任意売却できないのでは?と考える人もいます。
しかし、ほとんどの場合問題なく可能です。
任意売却をする人の中の多くはオーバーローンですので、その事実も知っておくべきでしょう。
しかし債権者の同意を得ることが求められるため、任意売却の専門業者に仲介してもらって交渉をしてもらうこともおすすめします。
オーバーローンでも任意売却をすることはできる?

オーバーローン状態での任意売却を認めてもらうために

オーバーローンということが原因で債権者が任意売却を拒否することはあまりないでしょうが、条件次第では認めてもらえないかもしれません。
まずは任意売却をする際に設定する価格は、債権者が納得する価格でないといけません。
任意売却は競売よりも高い価格がつきますから、当然競売を下回るような設定ではNGでしょう。
ですがあまりにも高い価格設定ですと買い手が現れないという問題も発生し、最終的には競売に移行するかもしれません。
こういった価格交渉なども、任意売却関連の仲介業者ですとアドバイスをしますし、しっかりと債権者と交渉も行います。
また売却時にかかる各種費用がかなり多い場合ですと、任意売却を認めてもらえないこともあります。
まとめると、オーバーローン状態であったとしても十分任意売却をすることができますし、世の中では数多くのオーバーローン状態の人たちが任意売却を成立させています。
ただし必ずしも債権者が任意売却を認めるわけではないということです。
基本的には認めてもらえるでしょうが、あまりにも債権者にとって不利な条件となっていると話は別でしょう。
オーバーローン状態での任意売却を認めてもらうために

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ