トップ >任意売却についてのコラム >任意売却と個人再生の違い
任意売却と個人再生の違い

任意売却と個人再生について

住宅ローンを活用することで物件を購入した、物件を建てた場合、途中で返済が厳しくなって任意売却をするケースもあります。
任意売却は競売よりは良いということでこの手段を選ぶ人も多いのですが、結果的に今まで自分たちが住んでいた住宅は他人の手に渡ることになるでしょう。
そうなると、せっかく思いを込めて購入した自宅とオサラバしなくてはいけないので非常に悲しいです。
また任意売却をしたとしても残債が残ることも多くて、引き続き支払い続けなくてはいけないことも多いのが実際のところです。
競売に比べると任意売却は優れているといえるのですが、任意売却の他にも選択肢があると助かります。
実は債務整理の中のひとつに、個人再生という手段があります。
個人再生であれば今までずっと住んでいた自宅を手放すことなく、様々な問題の解決を進めることができます。
自宅を手放すというのはとてもつらい選択ですから、個人再生を選択するケースもあります。
しかし個人再生は裁判所がかかわることになる点も大きな特徴でしょう。
ですが債務の金額が5分の1になりますので、デメリット以上にメリットが多いと言われています。任意売却と個人再生について

任意売却よりも個人再生のほうが良い?

任意売却を選択するのが良いのか、個人再生が良いかという問題は、それぞれの状況によって変わってきます。
まず個人再生という方法は、すべての人が行うことができず、安定的な収入がない場合には難しいです。
ですから個人再生を選びたいけど無理で、結果的に任意売却を選択せざるを得ないこともあります。
任意売却と個人再生の違いについてまとめると、任意売却は自宅を手放すことになり、個人再生は住み続けることができます。
個人再生は債務額が大幅に減って、自宅だけではなくて車などの財産も手放さなくて済みます。
それに対して任意売却は自宅を売却したお金で債務は減りますが、個人再生のような減額方式はありません。
そして任意売却は官報には掲載されませんが、個人再生の場合は官報に掲載されることになります。
それぞれが抱えている条件、希望する内容によって、任意売却と個人再生のどちらを選ぶか決めたいです。
この両方とも、住宅ローンの返済で困っている人を助けてくれる方法ですから、違いを知って選びましょう。
時間的な制限も出てきますので、考えることがつらいかもしれませんが、少しでも早いうちにしっかりと考えたいです。任意売却よりも個人再生のほうが良い?

コラム一覧

 

任意売却を詳しく知りたい方無料相談を希望される方

なぜ任意売却がいいのか、その理由が知りたい方

ページTOPへ